フォードのミドルクラス・サルーン「モンデオ/フュージョン」に、ハイスペックモデル「ST」が投入される可能性が高いことがわかりました。

1

欧州から届いたレンダリングCGは、冷却効率を高める大口のハニカムメッシュグリル、大口エアインテークをフロントエンドに備えるほか、リップスポイラーやサイドスカートなどエアロキットで固めています。

肝となるパワートレインは、2.6リットルV型6気筒ターボエンジンを搭載し、最高馬力は360psを発揮、「メルセデスC43 AMG」を凌ぐパフォーマンスを目指すようです。

さらに『フォーカスRS』から継承される、後輪に最大70%のトルクを分配する新開発の4ホイール・ドライブシステムが採用されることが予想され、2017年秋頃の登場が期待されています。

(APOLLO)

「AMG C43」がライバル!フォード モンデオに360馬力の「ST」投入か!(http://clicccar.com/2017/03/02/449625/)