徳井青空が、チバテレ「ナイツのHIT商品会議室」に出演

写真拡大

徳井青空がチバテレ「ナイツのHIT商品会議室」に、3月3日(金)〜24日(金)の4週にわたって出演。自身が手掛ける4コマ漫画「まけるな!! あくのぐんだん!」のアニメ化決定を受け、さらなるヒットを目指してナイツにプロデュースを依頼する。

【写真を見る】そらまる先生、宇宙柄のセーラー服&ベレー帽姿!

「まけるな!! あくのぐんだん!」は、宇宙征服を目指すドン様、ペプちゃん、チクちゃんの“あくのぐんだん”が地球侵略を目指す4コマ漫画。「月刊ブシロード」(ブシロードメディア)で'13年から連載中で、'17年4月からTOKYO MXほかで放送される。

今回、徳井は「まけるな!! あくのぐんだん!」についてナイツに解説することに。そこで、収録を終えた徳井に作品への思いなどを聞いた。

■ 「まけるな!! あくのぐんだん!」について語る

――アニメ化が決まりましたね。

私が3年半、1人で描いてきた漫画に「アニメ化しませんか?」というお話が来て、アニメ化が決定しました。突然の幸運過ぎて、宝くじが当たったような気持ちで非常に嬉しく、舞い上がっております。

――注目ポイントを教えていただけますか。

今まで1人で描いてきた物が、たくさんのスタッフさんたちの手によって動いて、喋りだすというのが楽しみで仕方ないです。普段は声優の仕事をしているので、声を当てるのは当たり前になっていたんですけど、今回改めて自分のキャラクターに声が付く、動くということにすごく感動しております。スタッフさんたちもすごく愛情を持って作ってくださっているので、動き回る“あくのぐんだん”の活躍に注目していただきたいと思います。

■ アニメ化の夢が現実に!

――連載開始からアニメ化といった大きな事は狙っていましたか?

アニメ化されたらいいなとか、単行本が出たらいいなっていう夢は語ってはいたんですけど、現実的ではないだろうなっていう気持ちで描き続けていました。アニメ化したいと声に出して言ってはいたものの、本当に現実になると思っていなかったので、すごく驚いています。

――言っておくものですね。

そうですね、言っておくものだし、続けるものだなとすごく思いましたね。

■ キャストが超豪華!

――ドン様=玄田哲章さん、ペプちゃん=山口勝平さん、チクちゃん=石田彰さん、ネル様=巽悠衣子さんというキャスティングですが、徳井さんも関わられたんですか?

会議には参加させていただきましたが、スタッフさん、音響監督さんからの提案で今回のキャストになりました。自分のキャラクターとはいえ、大先輩にあたる大御所の声優さんたちが演じてくださり、そんな素敵なキャスト陣になるとは思っていなかったので、すごく驚きました。本当に楽しみです。

――キャラクターたちの声が自分の頭の中で、誰かの声で再生されたことはありましたか?

漫画を読んでいるとイメージの声が再生されるっていうのはあるんですけど、“あくのぐんだん”は全く想像できたことがなくて。なので、どんな声になるのか本当に想像がつかなかったんですけど、音響監督さんから玄田さんをはじめとするキャストさんの提案を頂いた時に、ピッタリかもしれない!って思いました。

――もう声は聞かれたんですか?

これからですね。アフレコはこれからなので、すごく楽しみです。

――徳井さんご自身が出演されたりは?

アニメの声の部分は声優の皆さんにお任せして、私は原作者として見守ることに徹して、一切出演しない予定です。

――やはり、アフレコには立ち会われますよね。

はい。アフレコは見学させていただく予定です。

■ 今後の展開は?

――アニメ化も決まり、次はどんな事を望みますか?

日本の家に“あくのぐんだん”が侵略して攻めにくるというお話で、日本文化に初めて触れた時のイメージみたいなのも描いてあるので、ぜひ海外の方にも観ていただけたら面白いんじゃないかなと思っています。単行本も3月17日(金)に発売されるので、それを翻訳した物など、海外の方にも触れていただける機会を作れたらなとは思っています。今のところ、予定はないですが…。

――ブシロードということで、トレーディングカードになったりも?

トレーディングカードになったら笑っちゃいますね。自分が演じてるキャラクターがカードゲームになったことはあるんですけど。今回のアニメ化、驚きのポイントの1つとして、ブシロードが一切出資していないんです。なので、カードにするっていう約束は、まだしてないんですね。

――「月刊ブシロード」のふろくという可能性もありますね。

前に1度だけ「月刊ブシロード」のふろくでPRカードを出したことがあったので、またそういう機会があったらいいなと思っています。

――グッズになると嬉しいものですか?

縫いぐるみとか、そういう可愛いのを作って、グッズも展開してもらえたらいいなと思っています。

■ アニメ続編や劇場版を希望!

――今後、劇場版などの希望はありますか?

アニメ化が決まって本当に嬉しいんですけど、アニメの続編だったり、劇場版だったり、大きく広がっていくことは望んでいるので、もっともっと大きくなるように、私も原作者として応援して、アピールしていけたらなと思っています。

――単行本の話が出ましたが、単行本の発売から1週間後の3月25日(土)には「Anime Japan 2017」(東京ビッグサイト)のステージが待っていますね。

「Anime Japan」は声優としてステージに立ったことはあるんですけど、今回は原作者という立場で出演させていただきます。一緒に出演するのが京極尚彦監督と巽悠衣子ちゃんなんですけど、京極監督とは今までも一緒にお仕事をしていたのに、一緒にステージに立つ機会がなかったので、お客さんの前で監督とお話ができるのがすごく楽しみです。

■ “漫画家”徳井青空の思いとは?

――声優として活動しながら、漫画を描き続ける理由や原動力は何ですか?

子供の頃から漫画家になるのが夢で、いつかはかなえたいと思っていました。それで、やっと自分の連載が決まったので、続けて描いていきたいなという強い気持ちと、やっぱり漫画を描いている時がすごく楽しいので、これを読んでくれる人が1人でもいるならば、頑張っていこうという気持ちがあります。

――漫画を描く上での、ポリシーやこだわりってありますか?

自分が面白いなって思った物を出したいと思っているので、そこは妥協しないで頑張って、アイデアが出なくても何とかひねり出して、読んでいる人の顔を思い浮かべながら届けられたらいいなと思っています。お話を作るのが元々好きなので、読んだ方に少しでもクスッてしてもらえたらいいなっていうのを1番に考えて作っています。

――アイデアが出ない時、何で気分転換していますか?

お菓子を食べるとかですかね。お腹を満たして、リラックスした状態で考えるっていう感じですかね。

■ 徳井青空の地球侵略作戦は、“お昼寝制度”導入でノンビリと?

――「まけるな!!」という応援する感じのタイトルですが、徳井さんは応援してほしい時に何て言われたいですか?

声優の仕事が大勢でワイワイしている一方で、漫画を描いている時は家で1人という孤独な作業なので、その時は応援してほしいなって思うこともあります。そういう時、ファンの方から「頑張って」とか「楽しみにしてます」っていうメッセージを頂くと、来月も楽しみにしている人がいるから頑張って描こうっていう気持ちになれますね。やっぱり、「楽しみに待ってます」っていう声をもらうのが1番励みになります。

――徳井さんが“あくのぐんだん”のように地球を侵略するとしたら、どんな作戦で攻めますか?

“お昼寝制度”を世界中に導入するとか、そういうノンビリした侵略ができたらいいですね(笑)。

――今日の衣装のポイントはどこでしょうか?

今回のアニメ化に向けた漫画家の衣装で、宇宙のセーラー服なんですけど、宇宙柄ということで可能性を感じるなと思いまして。無限大に広がっていくような願いを込めて、着させていただいています。

――お名前にもピッタリですね。

そうですね。あと、ベレー帽は漫画家なので必須です!