「Thinkstock」より

写真拡大

 東京都内でしばしば目撃され、話題を集めつつあった“あのサービス”を運営する企業が提訴された――。

「マリオ」をはじめとする人気キャラクターのようなコスチュームを着た集団が、車高の低いカートで公道を疾走する姿が最近、都内で目撃される機会が増えていたが、実は株式会社マリカーという企業が運営するカートのレンタルサービスであることは、あまり知られていないのではないか。

 このサービスに“待った”をかけたのが、マリオの著作権を有する任天堂だ。任天堂は24日、不正競争行為と著作権侵害行為に該当するとして、株式会社マリカーに行為の差し止めと損害賠償を求めて東京地裁へ提訴した。

 これに対しマリカーは、「複数の弁護士・弁理士の専門家に相談をし、私たちのサービスが、任天堂様に対する不正競争行為及び著作権侵害行為には該当しないと判断した上で、サービスを提供してきました」とのコメントを公開している。

 食い違う両者の主張だが、法的争点について、弁護士法人ALG&Associates執行役員・弁護士の山岸純氏に解説してもらった。

●ブランド力に“フリーライド”

 まず、本件における著作権侵害と不正競争防止法違反について整理します。

(1)著作権侵害

 株式会社マリカーが、「お客さんにマリオやヨッシーのコスチュームを着せてマリカーで走行している写真」を、自社のウェブサイトに掲載したり、営業に使うことは、任天堂が持っているマリオやヨッシーのイラストに関する著作権(複製権、公衆送信権など)を侵害する。

(2)不正競争防止法違反

 株式会社マリカーが、「マリカー」という任天堂の有名なゲームソフト「マリオカート」シリーズに似た言葉を社名に使っていることは、一般人に対し、任天堂と関係がある会社・サービスであると誤解させることを目的としており、不正競争防止法違反(混同惹起行為、著名表示冒用行為)に該当する。

 まず、(1)についてですが、著作権侵害が認められるためには、「マリオやヨッシーのコスチュームを着てマリカーで走行しているお客さん」の写真が、マリオやヨッシーのイラストの本質的な特徴に合致しているかどうかがポイントです。

 例えば、マリオのイラストは、「M」の文字が入った赤い帽子をかぶり、赤いシャツ、青いオーバーオール、白い手袋、そして茶色いヒゲが「本質的な特徴」です。要するに、ファミコンなどで遊んだことがある人なら、「Mの文字が入った赤い帽子をかぶり、赤いシャツ、青いオーバーオール、白い手袋、そして、茶色いヒゲがあるキャラクター」と文字で書いただけでマリオとわかるくらい、これらの特徴はマリオの本質なのです。

 では、株式会社マリカーのウェブサイトに掲載されている「お客さんにマリオやヨッシーのコスチュームを着せてマリカーで走行している写真」に「マリオの本質的な特徴」があるかどうかですが、「赤いシャツ、青いオーバーオール」というのはわからないでもないですが、「マリオっぽい格好」をしているだけで、「アニメーションのイラスト」と「実物の写真」という決定的な違いもあり、正直、マリオの本質的な特徴を表しているとは思えません。したがって、著作権侵害を追及するのは、難しいと思われます。

 次に(2)についてですが、要するに「マリカー」という名称で、お客さんに「マリオ」っぽい格好をさせて、「マリオカート」っぽいカートに乗せて、これをウェブサイトなどで紹介(営業)すれば、普通の感覚を持った人なら、「任天堂と関係がある会社・サービス」と誤解するはずです。

 そして、任天堂は世界的な企業ですし、マリオ自体も、安倍首相がリオオリンピックで紹介するくらい有名ですから、株式会社マリカーは、いわば任天堂がこれまで大金をかけて培った名声、ブランド力に“フリーライド”(ただ乗り)することができてしまいます。

 不正競争防止法は、こういった「お客さんを引き付ける商品やサービスの魅力」(顧客誘引力)も法的にしっかりと保護し、他社の「魅力」を勝手に悪用することを禁止していますので、損害賠償の対象となります。

 以上のとおり、(1)の著作権侵害が認められるのは難しいでしょうが、(2)の不正競争防止法違反は“固い”(=認められる)と思われます。

 外国人の観光客にも人気のようであり、マリカーの発想はとても素敵ですが、はっきり言って、車道を走っている彼らは(道交法をクリアしているとはいえ)迷惑以外のナニモノでもありません。

 そして、どこかの国ならともかく、「知的財産」という権利がしっかりと確立している日本において任天堂との話し合いもなくこのようなサービスを提供するのは、決して“ノリ”だけでは許されません。
(文=編集部、協力=山岸純/弁護士法人ALG&Associates執行役員・弁護士)