写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優・生田斗真と広瀬すずが出演する映画『先生!』(10月28日公開)のビジュアルと特報映像が2日、公開となった。

同作は1996年から2003年まで、『別冊マーガレット』(集英社)で連載していた、河原和音原作の人気コミック『先生!』の実写化。生田演じる世界史教師・伊藤貢作と、広瀬演じる女子高生・島田響の純愛を描く。『僕等がいた』『ホットロード』『青空エール』などを手がける三木孝浩監督がメガホンをとる。

今回公開となったビジュアルは、伊藤先生に恋する響が外を見ながら想いを馳せる姿。また公式サイトでは、響がベンチで眠る伊藤先生にキスをしようとするポスタービジュアルが公開されている。

特報では、原作に合わせてショートカットとなった広瀬が、響として過ごす高校生活が映し出される。「誰かをこんなに好きになるなんて その人を想うだけで心があたたかくなるなんて 恋がこんなに幸せで こんなに苦しいものなんて知らなかった」というモノローグ、「先生、好きになってもいい…?」という問いかけなど、響の魅力が詰まった映像になっている。

生田は「広瀬さん、響、ともに、まぶしすぎて直視できないくらいの輝きを放つ子。お芝居に対してまっすぐだし、一生懸命だし、本当に響に見える瞬間がたくさんありました」と撮影を振り返った。さらに「ぼくは大人の恋愛ものはあまり経験してこなかったので、自分が30代になって初めてのラブストーリーに呼んでいただいて、自分の中でもたくさんのチャレンジがあった」と告白。「広瀬さんがすごく純粋にまっすぐにどーんとぶつかってきてくれたので、とても伊藤先生でいやすかったです」と、感謝を表した。

一方、広瀬も「伊藤先生が生田さんじゃなかったら、この響はできなかった。神様みたいな人でした」と生田に感謝。撮影では「『何いってるんだろう、私」とふとした瞬間現実に戻ることもあった」と明かし、「恥ずかしがるのも全部伊藤先生を好きっていう気持ちに変えたいなって思って、そこが大きくなればなるほど全部が変わってくるので、ただ伊藤先生だけを見ていようって毎日思いながら現場に入っていました」と役作りを語った。