写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フリーアナウンサーの古舘伊知郎が、話題の人物同士の対面をマッチメイクするテレビ朝日系バラエティ特番『古舘伊知郎ショー〜THE・マッチメイカー〜』が、18日(20:58〜23:06)に放送される。

この番組は、今年度を彩った各界の人物同士の対面を古舘がマッチメイクしていくというもの。小池百合子東京都知事からリオ五輪の金メダリスト・内村航平、伊調馨、萩野公介、さらに大谷翔平、ピコ太郎、古坂大魔王、三浦大知と、話題の人物たちの知られざる一面に迫っていく。

まず古舘は、「テレビ朝日ビッグスポーツ大賞」の授賞式に潜入し、内村選手×と伊調選手のマッチメイクを実現し、メダルへや東京五輪への気持ちなどを赤裸々トーク。続いて、同じ1994年生まれ同士の大谷選手×萩野選手は、好感度をめぐるバトルを繰り広げる。 さらに、小池都知事と9年ぶりの再会を果たした古舘は「小池さんは昔から勝負師」と述懐し、大物俳優とマッチメイク。ピコ太郎はサブMCを務め、「PPAP」の同番組バージョンによるマッチメイクの口上を披露する。

「見果てぬ夢としていつか『エド・サリヴァン・ショー』のような総合エンタテイメントをやってみたいと思っていました」という古舘は、「『報道ステーション』を12年務めさせていただいたご褒美と喜んでいたら、これが結構つらい仕事(笑)」と苦笑い。「トーク番組はいろいろやってきましたが、初心に戻りました。緊張感って楽しい。脳みそも活性化されますし、テレビ朝日さんありがとう!です」と感謝していた。

古舘は他にも話題の人物同士のマッチメイクを行っており、今後続報で発表される。