鈴鹿サーキットに「NEW『チララのハローガーデン』」がオープン!/※画像はイメージ

写真拡大

2017年3月4日(土)、三重県鈴鹿市にあるテーマパーク「鈴鹿サーキット モートピア」に小学生以下のキッズを対象とした新スポット「NEW『チララのハローガーデン』」がオープンする。同エリアは、0歳児でも楽しめるアトラクションや遊びながら学べるプレイフィールドが設置され、キッズを持つ家族にはおすすめのエリアだ。

【写真を見る】オフィシャルのコスチューム「なりきりプチハッチ」。質感もばっちりだ/※画像はイメージ

新アトラクションの「ぶんぶんばち」(1人400円、パスポート利用可)は、“ぶんぶんばちのかご”に乗って、巨大な花の周りをクルクル回りながら花のミツを集めるアトラクション。乗り物の高さはライド内にあるレバーで自由に調整できる。うまく高さを合わせて花に近づけばミツを獲得したことになり、「花のランプ」が光るぞ。搭乗者の目線で地上最大11メートルの高さまで上がれるので、モートピア内を一望できるのもポイントだ。1度に乗れる人数は4人まで。4歳以上が対象だが、一人座りができ、中学生以上の同伴者がいれば0歳児でも乗ることができる。

3歳以下の幼児が対象のプレイフィールド「ぶんぶんばちひろば」(無料)は、ハチになったような気分で遊べるエリア。床にはゴムチップが敷き詰められているので、転んでも痛くない。設置された遊具は三重大学教育学部の教授・准教授が監修しており、遊びながら探究心や想像力、注意力を高められるような仕掛けが施されている。

また、3月4日(土)から5月31日(水)までは「ぶんぶんばちフェア」を開催する。小学生以下のキッズがハチのコスチュームを着て同園を訪れると、入園料(通常 大人1700円、子供800円ほか)が最大8名まで無料になる。「モートピア」で使える乗り物パスポートも割引になる特典が受けられるぞ!かわいらしい公式のハチのコスチューム(サイズS・M・L、各3980円)も販売されているが、ハチをモチーフにした触覚と羽さえあれば手作りでもOKだ。ハチのコスチュームをしたキッズは園内で「プッチハッチ」と呼ばれ、期間中に開催する「あつまれプッチハッチぶんぶんうんどうかい」(各日13:30から)などに参加することができる。これに参加すれば、記念品ももらえるぞ!

ほかにも空中散策ができる「でんでんむし」(1人500円、パスポート利用可)、「チララのフラワーワゴン」(1人400円、パスポート利用可)など、同伴者がいれば0歳から乗れるアトラクションがそろう「NEW『チララのハローガーデン』」。全国的に見ても0歳児から楽しめるテーマパークは少ないので、春のお出かけに利用してみよう!【東海ウォーカー/淺野倫孝】