犬を虐待した獣医、職場復帰するも猛批判受ける(出典:http://toronto.ctvnews.ca)

写真拡大

普段可愛がっているペットが病気になったり怪我をしたりすると、信頼のおける獣医にきちんと診察や治療をしてもらいたいものであろう。だがその獣医がペットを虐待していたとしたら…。このほど2013年のペットへの虐待行為が明らかになった獣医が職場復帰したことで、市民の怒りを買っている。カナダのメディア『CTV News Toronto』が伝えている。

カナダのオンタリオ州にあるセント・キャサリンズ獣医院に7か月ぶりに職場復帰したマハーヴィア・シング・レキ獣医(Mahavir Singh Rekhi)に対して、2月20日に市民グループが獣医院の前で抗議のデモを行った。

インド出身のレキ獣医は、祖国で獣医師学校卒業しライセンスを取得した。だが2013年に、勤務先のセント・キャサリンズ獣医院で複数のペットに虐待行為をしている様子がビデオに捉えられた。

獣医院で勤務していた4人のスタッフが、証拠としてそのビデオを2014年に同州獣医師協会に提出している。陳述書によると、レキ獣医はチワワ犬の喉元を掴み顔面を複数殴ったり、去勢手術のために麻酔中だったハスキー犬の顔を殴りつけるなどの虐待行為をしていたという。

昨年7月、ヒアリングに参加したナイアガラ・フォールズ市議会議員のウェイン・ゲイツ氏は「証拠が明らかでありながら、なぜ獣医師協会は2年もこのビデオを持っていて何の行動も起こさなかったのかが理解できません。もっと素早く的確に調査をすべきだったのではないでしょうか」と苦渋のコメントを漏らしている。

虐待行為が明らかになったレキ獣医は免許を剥奪されることもなく、10,000カナダドル(約86万円)の罰金と10か月間の業務禁止命令が下されただけであった。昨年9月、レキ獣医師の弁護人が『The Canadian Press』に語ったところによると、レキ獣医は脅迫行為を受け家族の安全を不安に感じることもあったそうだ。

その後、レキ獣医はトレーニングプログラムに参加したために10か月の停職期間が半年に減刑されており、このたび7か月ぶりに職場復帰を果たしたのだが、市民は納得していない。

セント・キャサリンズ獣医院の駐車場の前でデモに参加したマイク・ロビンソンさんは、飼い犬が虐待行為を受けていたそうだ。その件で調査中であることを明かしたうえで「私たちは、この獣医が動物虐待をしている人物なのだということをできるだけ多くの人に知ってもらいたいと思っています」と話している。さらに「私たちは彼の獣医師免許を奪うことはできません。でも、少なくとも彼の仕事にダメージを与えることは可能です」と述べ、動物を虐待する獣医師を街から追い出したい旨を明らかにした。

また別の女性も「あんな獣医師をペットに近付けてはいけません。私は絶対に自分のペットをここへは連れてこないし、あのような医師は免許剥奪されるべきです」と怒りを露わにしている。

飼い主の次にペットに寄り添うべきはずの獣医が動物を虐待していたとあっては、飼い主の怒りも当然であろう。瀕死の状態で路上に捨てられ保護されたピットブル犬と一緒に朝食を摂るほど寄り添って世話をし続けたり、また椎間板ヘルニアを発症し高額な手術が必要だったダックスフンド犬を無償で救ったという素晴らしい獣医もいたが、レキ獣医も少しはそのような配慮が欲しいものだ。

出典:http://toronto.ctvnews.ca
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)