レオナルド・ダ・ヴィンチは「ネコ科の一番小さな動物は最高傑作である」との言葉を残すほど愛猫家でしたが、そんな彼はいったいどんな猫を描いているのでしょうか。

著名な画家たちの作品に登場する「猫」をご紹介します。

 

1.

「聖母と猫」
レオナルド・ダ・ヴィンチ

2.

「ベッドで眠る猫」
クロード・モネ

3.

「猫を抱く女性」
エドゥアール・マネ

4.

「白い猫」
ピエール・ボナール

5.

「橋」
カール・ラーション

6.
[画像を見る]
「猫を抱く少女サラ」
メアリー・カサット

7.
[画像を見る]
「猫」
ルイス・ウェイン

8.
[画像を見る]
「猫と女性」
フェルナン・レジェ

9.
[画像を見る]
「猫を抱くバレリーナ」
ピエール・カリエ・ベルーズ

10.
[画像を見る]
「机の上の子猫たち」
アルフレッド・ブルネル・ド・ヌーヴィル

11.
[画像を見る]
「ロブスターと猫」
パブロ・ピカソ

12.
[画像を見る]
「猫と女性」
ピエール=オーギュスト・ルノワール

[画像を見る]
「猫を抱く少年」
ピエール=オーギュスト・ルノワール


以上、12人の画家による作品でした。

同じ猫でも、画風によってずいぶん変わるものですね。

(参照:偉人・著名人たちの猫にまつわる32の名言・迷言)

【作風によってこれだけ違う…有名画家が描いた「猫」いろいろ】を全て見る