3月25日(土)スタート「2.5次元男子推しTV」の公開収録に番組MC鈴木拡樹と第1回ゲスト椎名鯛造が登場!

写真拡大

WOWOWライブで3月25日(土)より放送スタートする「2.5次元男子推しTV」の公開収録が行われ、番組MCを務める鈴木拡樹と初回ゲストの椎名鯛造が登場した。

【写真を見る】WOWOWで放送される「2.5次元男子推しTV」の公開収録に登場した鈴木拡樹と椎名鯛造

今回がMC初挑戦となる鈴木が登場すると、満席の観客から大きな拍手が上がった。鈴木は「たくさんの皆さまに集まっていただき、ありがとうございます」と緊張の面持ちであいさつ。続いて鈴木の紹介で椎名が登場するも、椎名から「MCを乗っ取りに来ましたよ!」とライバル宣言が飛び出す波乱の幕開けに!?

しかし、「コーヒー、飲む? 僕は甘いやつじゃないと飲めないんだ〜」と友人を自宅に招いたようなテンションで椎名に語りかける鈴木。アイスコーヒーを飲みながら、ゆったりとソファーに座って進行する公開収録は、2.5次元ミュージカルの舞台上で彼らが魅せる姿とは別の顔。

鈴木は椎名を「鯛造くん」、椎名は鈴木を「拡樹」とお互いに名前で呼び合う仲。鈴木は番組MCのオファーが来てすぐに椎名に相談したと明かし、椎名も「ゲストに呼ばれて“秒”で返事したもん(笑)!」とその仲良しぶりをアピール。

続いて、記念すべき第1回の放送で流れるVTRを2人で鑑賞。「VTRが流れている間、MCの練習しておこうかな」と鈴木が言うと、「いやいや、ワイプ(画面にVTRを見ている表情が映される小窓)で抜かれてるかもよ?」とボソボソ会話をし、観客がくすくす笑うなど、終始アットホームな雰囲気が漂う。

VTRは、番組の軸となる2つのコーナー「Day off」「温故知新 鈴木拡樹 新次元」を鑑賞。「Day off」では毎回、2.5次元ミュージカルで活躍する若手俳優のDay off=休日にカメラが密着する。記念すべき第1回はMCの鈴木。地元の大阪・堺に帰省する鈴木に密着し、思い出ある商店街などを散歩しながら紹介していく。

また、「温故知新―」では役者としてのスキルアップを目指す鈴木が、今回は“和”をテーマに、和服姿でさまざまな所作をプロに学ぶ。鈴木が着物を粋に着こなす姿は必見だ。

また、公開収録の特別企画としてお互いに思っている“印象”をそれぞれ発表。椎名は「拡樹は出会った10年前から大きな変化はない。みなさんが思っているまま、このままの鈴木拡樹。優しいオーラ、ほわんとした感じも変わってない」と話し、続けて3つの“自慢”を披露した。ここでも2人の仲良しぶりに観客も盛り上がる。

最後に、ステージの“カーテンコール”のように「本日は、まことにありがとうございました!!」という言葉と丁寧なお辞儀で公開収録が終了。

イベント後、鈴木は「スタジオと違ってお客さんがいたので、生の反応を感じられるのは少し舞台に近いものがありました。出る前はすごく緊張していたんですけど、お客さんと気の知れた椎名鯛造くんがいてくれて助けられました。今回は自分をひも解いていく回だったんですが、鯛造くんから見た僕を引き出してくれたと感じました。『僕のことどう思う?』なんて聞く機会ないんで(笑)、なんか恥ずかしかったです! 役者としても友達としても距離が近づいたような気がします」と公開収録を終えてホッとした笑顔を見せた。

さらに「普段の僕は、舞台の上に立って作品を届けることで“2.5次元”の世界に興味をもってもらいたいというスタンスでやっていますが、この番組は芝居を作っている人間がどういう人物なのかというところから入ってもらえる可能性がある。自分のこともそうですし、ゲストさんのことも知っていただき、劇場に足を運んでいただく。そういう力に変わればいいなと思います」と番組を通しての意気込みもコメントした。

2.5次元ミュージカルで活躍する鈴木や椎名をはじめ、今後続々登場する若手俳優も要チェックだ。番組を見て興味を持ったら、すぐに劇場に足を運びたくなるはず!