Doctors Me(ドクターズミー)- 肉食女子に捧ぐ!太らないお肉の食べ方&選び方《栄養士解説》

写真拡大

美肌にはお肉が必要という話、最近よくメディアなどでも取り上げられておりますが、お肉は健康や美容にとって本当にの良いのでしょうか?

タンパク質は美肌にも健康にも大事な栄養素です。でもやはり、太りたくない女性にとっては抵抗がありますよね。

今回は、そんなお肉の美容効果から、太りにくいお肉の食べ方、ダイエットに良いお肉、簡単レシピなど、女性に嬉しいお肉のお話をたっぷりと栄養士の横川先生にお聞きしました。

目次


女性にとって嬉しいお肉の健康効果


美肌


タンパク質は肌に必要なコラーゲンの材料になります。その反面、脂質が多いお肉の取りすぎは、肌が脂っぽくなったり、毛穴が開く原因にも。
お肉の脂質量を意識して肌の強い味方にしていきましょう。

貧血予防


肉や魚などの動物性タンパク質は鉄の吸収率を高め、貧血対策に効果的です。

ダイエット


お肉などのタンパク質は、基礎代謝を高める筋肉の材料となります。

むくみ予防


タンパク質が少ない食事は筋肉量が減り、血行不良になることがあります。その結果、むくみの原因にもなるため、適度なお肉はむくみ予防におススメです。

体温アップ


筋肉の材料となるタンパク源であるお肉には、体温をアップさせる効果も期待できます。

太りにくいお肉の食べ方&選び方


赤みのお肉を選ぶ


脂身があるお肉は、脂身の多い部分をカットすることや、事前に赤みのお肉を選ぶと良いでしょう。
赤みのお肉は脂質が低いだけでなく、Lカルニチンという脂肪を燃焼させる効果がある成分が入っています。

このLカルニチンは「羊 > 牛 > 豚」の順に多く含まれています。

よく噛んで食べる


ダイエットに「噛む」ということは非常に大切で、噛む事で脳の満腹中枢が刺激されて食べすぎを防ぎ、肥満防止につながります。

ハンバーグよりもステーキなど噛めるメニューを取り入れましょう。

太りにくいお肉の種類



以下のような脂肪が少なく、良質なタンパク源がオススメです。

■ 鶏:ささみ、モモ、ムネ

■ 牛:ヒレ、肩、モモ

■ 豚:ヒレ、肩、モモ

太りにくいお肉を使ったオススメメニュー

簡単♪ラムステーキ



■ 材料 <2人分>
・ラム肉:300g
・塩胡椒:適量
・オリーブオイル:小さじ1〜2

■ 付け合わせ
・トマト:1個
・ベビーリーフなど:お好みで

■ 作り方
1. ラム肉に塩胡椒する。
2. フライパンにオリーブオイルを入れ、1を中火でじっくりと焼く。
3. 裏面も同様に焼き、お皿にお好みの付け合わせて盛り付けて出来上がり。

■ ポイント
ラム肉は弱〜中火でじっくり両面焼いてください。

要注意!お肉を食べ過ぎた場合の健康リスク


動物性脂肪の取りすぎは、肥満、動脈硬化、大腸がんなどのリスクがあります。

そのためタンパク源をとる際は、大豆製品なども取り入れながら、動物性食品に偏らないように注意することが大切です。

最後に横川先生から一言


ダイエット中は太るからとお肉を控えめにする方がいる一方、糖質を制限などをするあまり、タンパク質を過剰に摂っている方もいます。

タンパク質も過剰に取りすぎれば体脂肪になりますので、1食にご自身の手のひらサイズを目安に部位や食べ方を工夫しながら食べるとよいでしょう。

(監修:栄養士 横川仁美)