オーバークロッカー向けのZ270マザー ASUS「ROG MAXIMUS IX APEX」が発売中

写真拡大

オーバークロッカー向けのZ270マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」が、ASUSから発売中だ。



「ROG MAXIMUS IX APEX」は、メモリスロットをあえて2本に減らすことで配線間のノイズ干渉を最小限に抑えて信号品質を向上させ、高クロック対応メモリの4,266MHz動作を正式サポートしているのが特徴のE-ATXフォームファクタのZ270マザーボード。

また、メモリスロットと同形状の独自スロットを備えており、付属の専用拡張カード「DIMM.2」を使用することで2枚のM.2 SSDを搭載することが可能だ。

そのほか、液体窒素などを使った極冷オーバークロックにも耐えうる高品質部品を採用したデジタル電源回路「Extreme Engine Digi+」や、CPUファン/ケースファン/液冷ポンプの回転速度を細かく制御できるファンコン機能「Fan Xpert 4」、RGB LEDイルミネーション機能「Aura」などを搭載する。

主な仕様は、対応CPUソケットがLGA 1151。拡張スロットがPCI Express x16×4、PCI Express x1×2。メモリは、DDR4 DIMM×2(最大32GB)。ディスプレイ出力はDisplayPort、HDMI。そのほか、SATA 3.0×4、ギガビットLAN、8chサウンド、M.2×2、USB 3.1(Type-A/Type-C)などを搭載する。

価格は、下記のとおり。

 ASUS「ROG MAXIMUS IX APEX」
 42,984円(税込):ドスパラパーツ館
 42,984円(税込):パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店
 42,984円(税込):パソコンショップ アーク


>> オーバークロッカー向けのZ270マザー ASUS「ROG MAXIMUS IX APEX」が発売中 の元記事はこちら