近年増えていると言われる生活習慣病は、主に食生活の変化と慢性的な運動不足に起因しています。生活習慣病対策が急がれるところですが、そこで期待の成分のひとつとされるのが難消化性デキストリンです。アサヒビールの機能性表示食品「アサヒスタイルバランス」は、難消化性デキストリン配合、しかもアルコールゼロなのにお酒のような感覚で飲めてしまう清涼飲料水です。

難消化性デキストリンで生活習慣病を防ぐ

国民健康・栄養調査、日本人の食事摂取基準(2015年版)によれば、日本人の食生活において、脂質を基準値より摂取し過ぎている人が増えているそうです。また近年では糖尿病を患う人も増加していることから、普段の食生活を見直す必要性が叫ばれています。その対策として、食事療法や運動療法を行うことも勿論大切ですが、無理のない方法で、例えば脂肪や糖の吸収を抑えるなどの、体に働きかける成分を摂取することも方法の一つです。

10種類ものフレーバーで楽しめる
「アサヒスタイルバランス」

食事を楽しみながら、かつ健康な体へのアプローチを、という発想で生まれたのが、アサヒビールの清涼飲料水「アサヒスタイルバランス」です。「アサヒスタイルバランス」は食事の脂肪や糖分の吸収を抑える難消化性デキストリンを含むうえに、カロリーゼロ、糖類ゼロ、アルコール0%と3拍子揃った機能性表示食品。しかも10種類のフレーバーが揃っていて、毎日選べる美味しさです。そのフレーバーとは

●ぶどうサワーテイスト
●ハイボールテイスト
●シークァーサーサワーテイスト
●梅サワーテイスト
●ジンジャーサワーテイスト
●コーラサワーテイスト
●ゆずサワーテイスト
●グレープフルーツサワーテイスト
●レモンサワーテイスト
●ノンアルコールビールテイスト

これなら毎日飽きずに楽しみながら続けられますね。

難消化性デキストリンの効果とは?

ところで難消化性デキストリンとは何なのでしょうか。難消化性デキストリンは天然のデンプンから作られた、水溶性の食物繊維です。文字どおり、消化しにくい食物繊維であり、脂肪や糖の吸収スピードを抑制し、整腸作用がある成分とされています。安全性においては、特定保健用食品として厚生労働省から許可されている食品素材です。

難消化性デキストリンを含む商品は数多く販売されており、アサヒビールの「アサヒスタイルバランス」は機能性表示食品としてその効果が期待できる、安心の商品です。「アサヒスタイルバランス」は1本に5gの難消化性デキストリンを含み、1日1回1本が目安量となります。お食事に合わせて飲むとよいでしょう。「アサヒスタイルバランス」は血中中性脂肪がやや高めの20歳以上の方・食後の血糖値が気になる20歳以上の方向きで、未成年者は摂取できません。また妊婦や疾患のある方も、飲用を避けるか医師に相談の上摂取するようにしましょう。

美味しい食事にはやはりお酒が欲しくなるものです。そんな時にはぜひ機能性表示食品「アサヒスタイルバランス」で健康維持をしながら食事を楽しみましょう。


writer:Akina