写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マイナビ出版は2月28日、Apple専門誌『Mac Fan』2017年4月号を発売した。第1特集は「MacBookが欲しい! 今買うノートはMacかWinか?」、第2特集は「特集『Tim Cook』」だ。そのほか、 注目記事として「搭載待ちのKaby Lake、今春には新Macに『入ってる』?」「Macの『ネットワーク(AirMac)』の基本・実践・応用・TIPS・ソフト」などがある。

第1特集「MacBookが欲しい! 今買うノートはMacかWinか?」では、Apple専門誌ならではの視点でMacBookシリーズとウィンドウズのノートPCを比較し、Macの魅力を分析している。OSの操作感や拡張性などを検証しながら、Macでしか享受できないメリットを解説。MicrosoftのタブレットPC「Surface」シリーズとの比較も行っている。

第2特集「特集『Tim Cook』」では、スティーブ・ジョブズの跡を継ぎ、2011年から同社のCEOとなったティム・クックにフォーカス。知られざるティム・クックの素顔や、彼がAppleで成し遂げた功績を振り返っている。また、数々のカンファレンスや発表会などで語った彼の名言を集め、その人間性について考察している。

ニュース連載「Command+Eye」では、インテルの新CPU「Kaby Lake」のデスクトップ向けモデルが出荷を開始したことを受け、今後のインテルのロードマップも踏まえた上でMacへの搭載時期を予想する記事も掲載。

Mac Fan BASICでは「Macのネットワーク(AirMac)」について取り扱っている。Wi-Fiの基礎からAirMacによる接続、ファイル共有、AirPlayの設定方法など、Macにおけるネットワークのから応用までを網羅した内容だ。役立つTIPSや、AirMacと合わせて使いたいソフトも掲載されている。

Mac Fan最新号の詳細は、Mac Fanホームページから確認できる。