「うーん、ちょっとにおう」(写真はイメージ)

写真拡大

【たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学】(朝日放送)2017年2月14日放送
「名医が教える老化ストップ」

「脂肪がさびる」。これにより老化が進み、健康被害の原因になると最新の研究から分かってきた。

九州大学医学研究院循環器内科学・井手友美氏によると、脂肪のさびは動脈硬化や認知症につながるが、「一番多いのが、がん」だという。

寝起きの枕を家族にかいでもらう

MCのビートたけしが、井手氏に質問した。

たけし「先生、脂肪のサビとはなんですか」

すると井手氏は、カップに入った料理用の油を取り出した。明るい黄色をしているが、これがさびると、天ぷらを揚げた後のような使い古した、茶色く濁った色になる。「さびる」の意味を、ゲストの榊原郁恵がこう表現した。

榊原「酸化するということ?」

ご名答。体のなかでも、脂肪が酸化することで「さび」となり、体に悪影響を及ぼす。

たけし「自分は体がさびてるか、さびてないかって気になるでしょ」

実は、家庭で簡単にさびをチェックできる方法がある。加齢臭だ。

加齢で衰えた細胞から発生する老廃物が多ければ多いほど、大量の脂肪をさびさせる。そのにおいが体の外ににじみ出たものが、加齢臭の正体。においの特徴は、古い油のような酸化した、あるいは古い押し入れやタンスのほこりっぽさにある。ちょっとためらうかもしれないが、チェックのためにいつも使っている寝室の枕からにおう加齢臭を、かいでみよう。

ニオイのスペシャリスト、P&Gの木村篤子さんによると、加齢臭チェックのポイントは、(1)寝起きの枕をかぐ、(2)家族など他人にチェックしてもらう、(3)加齢臭が出やすい首元が接している辺りを重点的にかぐ、の3点だ。

カリスマ家庭料理研究家がビタミンEスイーツ伝授

「もし脂肪がさびていたら」と不安になるが、実はさびを落とす栄養素がある。ビタミンEだ。イクラやタラコといった魚卵のほかウナギ、タイ、ハマチにも含まれる。野菜や果物ではアボカドに特に多く、ほかにもカボチャ、赤ピーマン、サツマイモ、マンゴー、キウイといろいろある。

ただ、ひとつ問題がある。脂肪のサビを落とすために必要なビタミンEの量は、1日25ミリグラム以上。これに対して日本人の平均摂取量は6.4ミリグラムで、18ミリグラムの差がある。これを埋めるには、タイなら4尾、カボチャなら1/2個を食べなければならず、毎日の食事でとるのは現実的と言えない。

番組では、家庭で簡単にできる健康でおいしい料理のスペシャリストの奥薗壽子さんが登場し、18ミリグラムのビタミンEを摂取できる3種類のスイーツレシピを紹介した。どれも10分以内にできて、特別な調理器具をいっさい使わない。

1つ目は「アボカド・フローズン」だ。アボカド1個分の実をスプーンでとり、バナナ1本、キウイ2個と一緒にポリ袋に入れた後、手で揉み、潰す。そこに調整豆乳200ミリリットル、はちみつ大さじ2に、1個分のレモン汁を加えたら、「秘密兵器」としてサフラワー油(紅花油)を少し入れる。紅花油は簡単に手に入り、ほかの油よりビタミンEが断然多い。しかもビタミンEは油に溶けやすく、一緒に摂取すると体内への吸収力がアップする。アボカドほかビタミンEが多く含まれている果物との相性はバッチリだ。冷凍庫で3時間凍らせて食べる。

2つ目は「サツマイモ・キャラメル」(3食分)。フライパンを使って大さじ1の紅花油でサツマイモ200グラムを炒める。砂糖50グラムを熱して作ったカラメルとバター大さじ1を加える。砕いたアーモンド50グラムと塩を適量加えれば完成だ。

3つ目は「カボチャ・チョコ」(3食分)。同じくフライパンに大さじ1の紅花油を入れ、切ったカボチャ200グラムとプルーン50グラムを弱火で10分、少量の水で蒸し気味に加熱する。カボチャはフォークでしっかり潰す。チョコレート50グラムとはちみつ大さじ3を加え、お好みでラム酒大さじ1を入れてもよい。しっかり混ぜたら適当な大きさに丸め、ココアを全体にまぶし、最後に粉糖をかけてできあがりとなる。