加護ちゃん、第二子の名前に反響!キラキラネームvsシワシワネーム、人気なのはどっち?

写真拡大 (全2枚)

元モーニング娘。の加護亜依さんが、2月27日にブログを更新。
23日に出産した第二子の名前を「義継(よしつぐ)」と決めたことを明かしました。

ネットでは、芸能人の子どもにしては珍しい古風な名前に反響が殺到。
『加護ちゃんがキラキラネームつけないとは意外』『シワシワネームの再熱か』との声が多くみられました。

キラキラネームといえば、当て字などを使った珍しい個性的な名前が一時期流行しました。
しかし一方で、最近活躍している若手女優に古風な名前が多いことから、世間では昔ながらのシワシワネームに改めて人気の火がついている模様です。

そこで今回恋愛jpでは、20代〜30代の既婚女性を対象に『自分の子どもにつけたい名前は「キラキラネーム」or「シワシワネーム」?』というアンケートを実施しました。

さっそく気になる女性の意見を見ていきましょう!

●「キラキラネーム」派の意見

『今の時代を考えると、シワシワネームの方が「古臭い」と周りにイジられそう。キラキラネームでも「この名前可愛いな!」と思うものもあるので、周りのみんなにもすぐに覚えてもらえそうですし、キラキラネームがいいですね』(37歳/営業)

『ちょっと前までは悪目立ちしていたキラキラネームも、最近は割と主流になってきている気がします。少し派手で個性的な方が目立ってキラキラ輝けるのかなと思います』(28歳/経理事務)

『自分が古風な名前でキラキラネームに少し憧れがあるので。でも明らかに大人でも読めないような名前は避けたいですね』(33歳/主婦)

「キラキラネーム」派の意見として多かったのは、「他の人とかぶる名前にはしたくない」 というもの。

キラキラネームは、珍しい個性的な名前が特徴です。
そのため、周りにすぐに覚えられるというメリットもあります。

しかし、当て字を多用しすぎて簡単に読めないというケースも……。
キラキラネームは、一目で読める範囲が理想なのかもしれません。

●「シワシワネーム」派の意見

『珍しい名前よりも、誰でも読める名前をつけたい。シワシワネームは生涯使い続けられるけど、キラキラネームだと歳を取ってから本人が恥ずかしい思いをしそう』(29歳/事務)

『これからも日本の伝統的な名前を守り続けていきたい』(35歳/販売)

『子どもの将来を考えても、読めない名前をつけるのはその子の社会的信用がなくなってしまう』(37歳/契約社員)

「シワシワネーム」派の意見として多かったのは、「大人になってからも使い続けられる」 というもの。

シワシワネームは古風な名前ということで、呼びやすさや親しみやすさがあるという意見も。
また自分自身がシワシワネームだから……という女性も多くいました。

反対に、キラキラネームだと社会的な評価が不安という意見が多く寄せられました。

●「キラキラネーム」vs「シワシワネーム」?果たして多数派は…?



キラキラネーム……32人(21.3%)
シワシワネーム……118人(78.7%)

結果は「シワシワネーム」を選んだ女性がほぼ8割というものに!

子どもの将来のことを考えると、あまりに個性的な名前は避けたいと考える人が多い模様です。

----------

名前というものは、その人の一生につきまとうものです。

個性的なキラキラネームに、昔ながらのシワシワネーム。
いずれにせよ、子どもの成長を将来を願いながら、慎重に考えたいものですね。

※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:150人
※集計期間:2017年2月27日〜2017年3月1日

(文/恋愛jp編集部)