20歳の大宮DF高山和真、入籍を発表…4月には第一子誕生予定

写真拡大

 大宮アルディージャは3月1日、DF高山和真の入籍を発表した。なお、夫人は現在妊娠しており、4月に第一子が誕生する予定であることも併せて発表されている。

 高山はクラブ公式HPを通じ、以下のようにコメントしている。

「守るべきものが増え、責任感が増しています。サッカー選手としてはもちろん、夫としても、父親としても成長していけるように頑張りますので、温かく見守っていただければ幸いです」

 高山は1996年生まれの20歳。大宮のジュニアユースとユースを経て、2015年からトップチームでプレーしている。昨季は明治安田生命J1リーグで1試合、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で4試合、天皇杯で2試合に出場している。