女子高を舞台に少女たちのドス黒い本性が明らかになる/[c]2017「暗黒女子」製作委員会 [c]秋吉理香子/双葉社

写真拡大

飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、平祐奈ら日本映画界期待の若手女優が集結した学園ミステリー『暗黒女子』(4月1日公開)。主演を務めた清水富美加による一連の騒動ばかりが報じられているが、映画本編のほうも衝撃的だったりする。

【写真を見る】物語のキーマンとなる小百合を演じた清水富美加/[c]2017「暗黒女子」製作委員会 [c]秋吉理香子/双葉社

清水と共にW主演を飾っているのが、物語のキーパーソンであり、容姿端麗で成績優秀の人格者として全校生徒の憧れの的だったいつみ役の飯豊まりえ。「自分にないものばかりを持っている子で難しい役でしたが、『役者なんだから演じればいいんだよ』という監督の言葉に助けられました」と明かしており、二面性を持ったキャラクターに苦戦しながらも抜群の存在感を見せている。

物語は、そんないつみが謎の転落死を遂げる衝撃的な展開からスタート。いつみが“太陽”だとしたら、“月”のようなキャラクターが清水が演じる小百合だ。

いつみの二面性を知りながらも惹きつけられている小百合は、彼女の後を継いで文学サークルの部長に。いつみの死の理由に対し不穏な空気が流れるなか、小百合が「いつみの死」をテーマにした朗読会を開いたことで、他の部員たちの驚くべき顔を知るようになる…。

文学サークルの部員を演じるのは、老舗の料亭の娘・あかね役に小島梨里杏、プロの作家でもある志夜に清野菜名、留学生のディアナを玉城ティナ、特待生の美礼を平祐奈と、いずれも美少女ぞろい。その美貌が、読んでイヤな気持ちになるミステリー“イヤミス”としての本作の完成度を高めている。

そんなお互いの腹を探るような役柄と違い、6人のチームワークは抜群で、先日行われた完成披露舞台挨拶を欠席した清水に対し、飯豊まりえが「富美加ちゃんを含めてみんなで一生懸命作りました」と目を潤ませるシーンも。そんな彼女に心配そうに寄り添う平祐奈の姿も印象的だった。

女子高ならではの百合っぽさも匂わせながらも、そのドス黒い実像が明かされるさまは本当に衝撃的!余計な話題を払拭するような美少女たちの競演を確かめてみては。【トライワークス】