『名探偵コナン』劇場版最新作はラブコメ要素が盛りだくさん!/[c]2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

写真拡大

4作品連続で興行収入を更新するなど、好調が続いている劇場版の「名探偵コナン」シリーズ。その21作目となる『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』(4月15日公開)の予告編が本日初解禁されたが、この映像が服部平次ファン必見のものになっている…!?

【写真を見る】主題歌は倉木麻衣に決定!通算21回目となるコラボレーションを記念した、コナン&倉木麻衣のスペシャルロゴはこちら/[c]2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「名探偵コナン」といえば、緻密なミステリーと迫力のアクションが魅力だが、忘れてはならないのがラブコメの要素だ。本作ではそのラブコメ要素がストーリーの軸を担い、新一と蘭だけでなく、“西の高校生探偵”服部平次とその幼なじみ・遠山和葉の淡い恋模様が展開する。

解禁された予告編では、平次の婚約者を名乗る新キャラクター・大岡紅葉の登場で、平次と和葉の関係に亀裂が!?「幼なじみの恋愛ごっこもこれで終わり」「平次くんはウチの婚約者です」と、平次への想いを強気にぶつける紅葉。そんな紅葉の出現に「あの子のこと…守らんとあかんのやろ?」と、一歩引いた和葉の様子が確認できる。

一方、女性2人に想われる平次は「悪いな工藤、どうしても行かなあかんのや!」と叫びながら、燃え盛る炎の中に飛び込んでいくなど、男らしいシーンが満載だ。さらに映像のラストでは、「待っとれ和葉!お前だけは死んでも守ったる!」というカッコよすぎるセリフが炸裂!平次ファンには公開が待ち遠しくなる、“キュン死”シーン盛りだくさんの内容になっている。

この度、本作の主題歌を倉木麻衣が担当することが決定。映画の世界観にピッタリの書き下ろしの新曲「渡月橋 〜君 想ふ〜」は予告編内でも使用され、平次と和葉の淡い恋物語に花を添えているので、こちらもチェックしてほしい!【トライワークス】