グラドル勢が一致団結

写真拡大

 グラビアアイドル・杉原杏璃の自伝的小説を映画化した「...and LOVE」の大ヒット祈願イベントが3月1日、東京・新宿の花園神社で行われ、主演も務める杉原のほか、出演者の森下悠里、池田夏希、藤井奈々、戸田れい、野々宮ミカ、鈴木ふみ奈、天木じゅん、佐山彩香、手塚穂奈美ら今をときめくグラドルたちが花柄模様の晴れ着姿で出席。杉原は「私はグラドルとしては遅咲きで友達が少なかったんです。だからこんなに多くの仲間が協力してくれて本当に感激です」と声を震わせながら、共演者たちに謝意を示していた。

 本作は、グラビアアイドルとして成功をつかみとり、世の中の男性たちの注目を集めるようになったアン(杉原)が「本当の自分とは何なのか」を自問自答しながらも、友人に支えられ、嘘のない生き方を求めて奮闘する日々を描く。「自分の小説が映画という大きな形になって、ただただ嬉しい」と感動しきりの杉原。「映画は脚本家の高橋ナツコさんに参加してもらっています。高橋さんがさらに美しい物語に仕上げてくれました」と語っていた。

 本作でラブシーンに初挑戦することになった杉原は「緊張しすぎてフリスクが止まりませんでした(笑)」と撮影を述懐。「『どっちに首をひねればいいんだっけ』と考えてしまうことも。相手役の方にかなりリードしてもらいました。原作にはない“氷で体を撫でられる”というシーンもありました。自分が考えつかなかった場面を演じられるので、毎回現場に行くのが楽しみでしたね」と充実した日々を送ったようだ。

 「劇中の役は私自身に70%くらい近い人物。さらに女性ならではの苦悩や葛藤も描写しています。グラビアファンの方々だけでなく、女性の皆さんにぜひ見てもらいたい」と杉原が語ると、その意見に同調した森下ら。「世間的には蹴落とし合いのある職業だと思われていますが、すごい真面目な仕事だし、皆仲良しなんです」(森下)、「クライマックスシーンの撮影では、本番前から涙がウルウル。キャストがきちんと団結している様子は、作品を見てもらえればわかると思います」(池田)と満面の笑みで作品をアピールしていた。

 「...and LOVE」は、3月18日から東京・シネ・リーブル池袋にてレイトショーほか全国順次公開。