写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今どんな漫画が読まれているのか!? 月間850万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」で配信されている作品から、2月の月間ダウンロード数を集計してランキングを作成。今回は少年コミックランキングをお届けします。果たして1位に輝くのは!?

○アニメ第2期も放送中! 悪魔を祓う若き祓魔師の成長描く…だけじゃない!?

10位 『青の祓魔師』(加藤和恵/集英社)

「次はどうなるかが気になって夜も眠ることができない」「キャラも良いが、主人公の出生の設定が魅力的」(レビューより)

○おあがりよ! お色気も見どころの新世代料理マンガ

9位 『食戟のソーマ』(佐伯俊 森崎友紀 附田祐斗/集英社)

「絵がとても綺麗でキャラクターもイケメン、美少女がたくさん出てきます。が、何より料理がおいしそう…見てるだけでヨダレ出そうです」「画力が半端なくて、スピード感あふれる描写が抜群に上手く、女の子が可愛いです」(レビューより)

○新世代編も絶好調、世界を魅了する和風ファンタジー

8位 『NARUTO―ナルト―』(岸本斉史/集英社)

「笑える 泣ける 神漫画。読めば、『自分も頑張らないと』と思える漫画です」「笑えて泣けて、うっかり一気に読んでしまいました」(レビューより)

○やっと外に出たと思ったら世界は一変! "保菌者"が襲いかかるサバイバルホラー

7位 『インフェクション』(及川徹/講談社)

「次々と変わる展開に先が気になること間違いなしだと思う」「推理しながら読んでるんですが展開など含め色々"考えさせられる"内容の漫画でとても面白いです」(レビューより)

○実写映画化も決定、死神高校生のバトルファンタジー

6位 『BLEACH』(久保帯人/集英社)

「自分の大切な人を護る。自分の大切な場所を護る。その為には、自分が傷ついても構わない。そんな一護が大好きです」「学生の頃読んでいて、完結したと聞いて読んでいなかった分を読みました!それぞれのキャラに魅力があるし、とてもかっこいいです」(レビューより)

○実写映画&ドラマ化も! 極限の心理サスペンス

5位 『トモダチゲーム』(佐藤友生 山口ミコト/講談社)

「現実離れしすぎてて、多少読むのが難しいですが、一気に読んでしまう程引き込まれました」「駆け引きがとてもうまくて読みながらドキドキしてしまいます」(レビューより)

○琴がテーマ、なのにスポ根もの顔負けの青春ストーリーに目が離せない!

4位 『この音とまれ!』(アミュー/集英社)

「音楽マンガ・和楽器マンガ、今までも面白いモノたくさんありましたがテンポ感がバツグン! キャラクター1人1人にバックグラウンドがあり、それが重たすぎず伏線として長すぎず、とても小気味良かった。悩み多きオトナ達にもオススメの、スカッとする作品だと思います」「アラフォー女子ですが、いつもワクワクして何度も読み返しています。私も高校時代を大好きな友だちと過ごしましたが、ここまで熱中できるものはなかったので、彼らがうらやましくなります」(レビューより)

○猫×妖怪×時代劇! 猫好き必見の珠玉の物語集

3位 『猫絵十兵衛 御伽草紙』(永尾まる/少年画報社)

「絵も安定していて話も心に染みて、何度読んでも泣かされます。ほっこり。その言葉が合います」「何度も読んでます。もう、猫も好きだし、江戸情緒も好きだし、季節の移り変わりや、あったかくて切なくて癒される話に弱いので……。春は桜に藤、夏はすいかに素麺、瓜や金魚、秋はもみじ、冬は雪と熱燗にコタツで湯豆腐。全部真似したくなりますー」(レビューより)

○異形の魔法使いと少女の不器用な恋、西洋のおとぎ話のような世界観にも注目

2位 『魔法使いの嫁』(ヤマザキコレ/マックガーデン)

「世の中に魔法使いをテーマにした素敵なお話はたくさんありますが、この物語はとくに世界観が素敵で、引き込まれます」「二人の考え方だったり、気持ちだったりが変わっていく描写も細かくて読みごたえがあります」(レビューより)

○50億人対5人! 究極のハーレム漫画はストーリー展開にも注目

1位 『終末のハーレム』(宵野コタロー LINK/集英社)

「人物、背景など一つ一つの絵がとてもキレイで引き込まれます」「少年誌はあまり読まないのですが、設定がとてもおもしろいと思って読みました。男のロマンなんでしょうか(笑)」(レビューより)

明日は少女コミック編をお届けします。