S.E.S.のBada、ファンに格別な愛情をアピール「昨年結婚するつもりだったが再結成のために…」

写真拡大

S.E.SのBadaが再結成のために結婚を見送ったことを明らかにした。

S.E.Sは1日午後、ソウル瑞草(ソチョ) 区にあるヒンムルギョルアートセンター ホワイトホールで、20周年記念ファンミーティング「あの約束が集まった場所」を開催してファンたちに会った。

この日、Badaはウェディングドレスを着てステージ裏から登場し、ファンの熱い反響を得た。結婚前にファンにドレスを着た姿を見せ、結婚の許可を得たかったとのこと。

Badaは「私の人生で初めての幸運は、Shooとユジンに会ってS.E.Sに出会えたことであり、二番目はファンの方々に会ったことだ」と話した。

また、「結婚をしないことも考えていた。私はしないかもしれない女性のカテゴリだと考えていた。ファンの方々と一緒だと寂しくなさそうだという確信があった。私のファンとの完全な関係を認める男性じゃないと結婚する気がない。S.E.SのBadaとして理解してもらえる男性に会ったと打ち明けた。

また、「彼氏にもファンは私たちが会う前に会った恋人だと話し、これを全部理解してくれている」と伝えた。

最後に「結婚は昨年話が出たけれど、S.E.Sの再結成のために密かに見送った。再結成してファンの方々と大切な時間を過ごした。こうやってファンの方々に許可を得たかった」と話した。

その後、Badaはドレスを着てファンたちと共にウェディング写真を撮った。