28日、人民日報によると、北京市は今年のスモッグ対策費として約2960億円を拠出する計画だ。製造企業500社の閉鎖などに重点を置く方針という。

写真拡大

2017年2月28日、人民日報によると、北京市は今年のスモッグ対策費として180億元(約2960億円)を拠出する計画だ。

北京市、天津市、河北省および周辺地域の大気汚染対策を話し合う同日の会議で示されたもので、北京市は石炭消費300万トン削減、重型ディーゼル車に対する監督強化、環状道路・六環路の通行制限、製造企業500社の閉鎖などに重点を置く方針という。(翻訳・編集/野谷)