TBSの4月期(4月〜6月)番組改編に関する説明会が同局で行われた。

他局のゴールデン・プライム帯(19時〜23時)における大幅改編とは一線を画し、”地に足を”をテーマに現行の番組の良さを生かしつつ、リニューアルを中心に行い、4月期は全日、ノンプライム帯(6:00〜19:00と23:00〜24:00)の改革となった。改編率は全日帯で5.9%、ゴールデン帯で8.7%、プライム帯で13.3%にとどまった。

夕方ニュースの「Nスタ」を大きくリニューアル、15:30から3時間の生放送となる。報道の出来る局アナ育成に乗り出し、32歳の井上貴博アナウンサーを抜擢、ホラン千秋、国山ハセンアナウンサーとともにフレッシュな”トクするニュースプログラム”となる。今回進行役を務めた山本恵里伽アナウンサーもニュースプレゼンターとして出演する。

土曜日あさ6:30〜7:30に「アニメサタデー630」という2本立てのアニメ枠を新設。激戦の日曜日ゴールデン帯では、20時から好調の「珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー」、そして19時からは、特番で好評だったクイズバラエティ「東大王」をレギュラー化する。

ドラマ枠では、オールターゲットとして位置付ける「日曜劇場」で、日曜劇場初主演の長谷川博己と、TBSドラマ初出演の岡田将生による、警視庁で繰り広げらる壮絶な出世争いを軸に”小が大を食う”をテーマに織りなすエンターテイメント作品「小さな巨人」を、金曜日22時の枠には、湊かなえ原作のニューマンミステリー「リバース」。藤原竜也主演で贈る。

そして昨年「逃げるは恥だが役に立つ」が大ヒット、現在放送中の「カルテット」も話題を呼んでいる火曜日22時枠の新ドラマは、波瑠主演による人気漫画家・いくえみ綾のコミックが原作となる「あなたのことはそれほど」がスタートする。波瑠、東出昌大、仲里依紗、鈴木伸之の共演で、大人の四角関係を描いたラブストーリーだ。

編成部企画統括石丸彰彦氏は「火曜22時がドラマ枠となってスパンとしてはまだ短いが、F1,F2をメインターゲットにと言う視点に変えてから非常にいい効果が出ている。「逃げ恥」「カルテット」とも、コアなファン層を得ていると確信している。4月からのドラマに関してもぶれずに頑張りたい」と説明した。小笠原知宏宣伝部長は「ちなみに略称は”あなそれ”です」と話し、第二の「逃げ恥」になるか注目が集まる。