昨季J1得点王FWピーター・ウタカ、期限付き移籍でFC東京へ

写真拡大

FC東京は1日、サンフレッチェ広島に所属する元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月1日〜2018年1月1日まで。背番号は「9」に決定した。同期間中、サンフレッチェ広島と対戦する全ての公式戦に出場することはできない。

▽ピーター・ウタカは2015年、清水エスパルスに加入。2016年から期限付き移籍で広島に加わると、明治安田生命J1リーグ33試合19ゴールで、ヴィッセル神戸のFWレアンドロと共に自身初のJ1得点王を獲得した。しかし、その活躍による高年俸がネックとなり、所属先が決まらず、不透明な状況となっていた。

▽2月28日付けで広島に完全移籍した後、FC東京に期限付き移籍することになったピーター・ウタカは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC東京

「FC東京に加入することができて大変うれしく思います。チームメイトや熱狂的なファン・サポーターのみなさんにお会いできるのが楽しみです。まずは自分のコンディションを上げるために、一生懸命トレーニングに励みたいと思います。一試合一試合に全力を尽くし、FC東京のために戦いますので、応援よろしくお願いします」

◆サンフレッチェ広島

「ピッチ内外で支えてくれたスタッフやチームメイトに感謝いたします。ケガなく良いシーズンになるよう願っております。そして、常に支えてくれた広島のサポーターの皆さん、ありがとうございました。サンフレッチェ広島の幸運をお祈りいたします」