1月に開催されたカーリング日本選手権で、スーパーショットを連発したロコ・ソラーレのスキップ、藤澤五月(25)。2016年の世界選手権で日本初となる銀メダルを獲得後も、世界のトップを目指して練習に励んできた。 「2時間ほどの体幹トレーニングを、ほぼ毎日、自宅でおこなっています。一度決めたことは必ずやるタイプ。よく頑張っているなと思って見ています」と話すのは父、充昌さん(57)。

 じつは、藤澤家はカーリング一家。世界大会の試合をプロジェクターで観ながら、藤澤と父は作戦会議に花を咲かせる。

「チームに入って2年め。いろいろな経験を通して、自分も変えながらチームを作っていこうとするあたりは、だいぶ成長したんじゃないかなと思います」(充昌さん) ふじさわさつき ’91年5月24日生まれ 北海道出身 5歳からカーリングを始め、高校卒業後、中部電力入社。カーリング部の創設メンバーとなり、’11年日本カーリング選手権初優勝。’15年5月にロコ・ソラーレに移籍

(週刊FLASH 2017年2月21日号)