3月26日のF1開幕戦に向けて2017年型のF1マシンが続々と発表されている中、アストンマーティンはレッドブル・レーシングとの革新的なパートナーシップを記念したヴァンテージの特別仕様車を発表しました。

1

アストンマーティンはヴァンテージでWECに参戦するなど、「モータースポーツは非常に重要な部分を占めている」と、アストンマーティン社長兼CEOのDr.アンディ・パーマーは述べており、今回発表した特別仕様車のヴァンテージSレッドブル・レーシング・エディションはF1開幕を待ちきれない人に、少しでも早くF1の雰囲気を味わってもらいたいという思いから誕生したのです。

アストンマーティンV8そしてV12ヴァンテージSをベースとしたレッドブル・レーシング・エディションは、アストンマーティンのパーソナライゼーション部門「Q byアストンマーティン」によって製作され、F1ドライバーのダニエル・リカルドまたはマックス・フェルスタッペンの承認サインの入ったシルプレートと点検プレートが貼られています。

特別仕様車だけの専用装備として、ボディカラーはレッドブル・レーシングのイメージカラーからヒントを得た深みのあるマリアナブルーを標準に、タングステン・シルバーとサテン・マリアナブルーもオプションで用意。そしてカーボンファイバー製のグリルにはレッドのインフィルが装着され、ブレーキキャリパーはイエローを採用しています。


インテリアはヘッドレストにレッドブル・レーシングの刺繍をはじめ、カーボンファイバー・トリムインレイ、ダイヤモンド・キルト加工、12時の位置にアクセント・ストライプが入ったアルカンターラ・ステアリングホイールなど数々のスポーティアイテムが装備されています。

コレクターズアイテム必至のヴァンテージSレッドブル・レーシング・エディションですが、デリバリーは2017年の夏頃からとなります。リカルドとフェスルタッペンのF1での活躍を見ながら納車を待つという人がうらやましいです。

(萩原文博)

アストンマーティンとレッドブルがコラボした特別仕様車を発表(http://clicccar.com/2017/03/01/448842/)