amazarashi『メッセージボトル』完全生産限定盤ジャケット

写真拡大

amazarashiのベストアルバム『メッセージボトル』が3月29日にリリースされる。

【もっと画像を見る(4枚)】

amazarashiにとって初のベストアルバムとなる同作。インディーズ時代のミニアルバム『0.6』の収録曲や、テレビ東京系で放送されている福本伸行原作によるドラマ『銀と金』のオープニング主題歌“ヒーロー”、今年新たにレコーディングされた“つじつま合わせに生まれた僕等(2017)”、先月リリースされたシングル曲“命にふさわしい”など、秋田ひろむ(amazarashi)がセレクトした全26曲を収録する。

完全生産限定盤と初回生産限定盤には、2009年に「あまざらし」名義で500枚限定リリースしたミニアルバム『光、再考』や、amazarashiの過去を綴った小説『メッセージボトル』、DVD『「メッセージボトル」Special Movies』が付属。さらに完全生産限定盤は歌詞と対になった詩74篇を収録した詩集と、YKBXによるイラスト集も収めた布張りの特殊パッケージとなる。

なお3月26日から愛知・Zepp Nagoya公演を皮切りに全国8か所を巡るツアー『amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」』が行なわれる。チケットは現在販売中。

■秋田ひろむのコメント
ベストアルバムをリリースします。
全ての曲に対して強い思い入れがある為、収録曲に関してはとても悩みました。結果、今後歌い続けるであろう曲たちを選びました。未だamazarashiと出会ってない人の為の一枚、というふうに考えております。
「メッセージボトル」というタイトルは、アマチュア時代に始めて主催したイベントのタイトルです。その時の僕らの歌は宛のない手紙であり、願いであり、SOSでした。
あの日漕ぎ出した僕らの歌の漂着地点が、今のリスナーです。そしてここから、今日からの船出の無事を祈って、未だ見ぬ人に出会えるよう願いを込めて「メッセージボトル」
どうか誰かに見つけてもらえますように。