リクルートホールディングスとMedia Shakersが制作・運営するWebメディア「R25」は、4月28日をもってサービスを終了すると発表した。

 

2004年に、若手ビジネスマンを応援するためのフリーマガジンとして創刊し、50万部以上を発行してきた同誌。30オトコの本音と向き合うメディアとして、無料で充実したコンテンツが読めるとあり、フリーペーパーブームを牽引する媒体でもあった。

 

2015年からは紙からWebへとそのメインステージを変更していたが、今回、ブラウザ版、アプリ版、ニューススタンド版の全てがサービス終了することが決定した。

 

かつては電車内でR25を読む人を多く見かけたが、今やあらゆるコンテンツはスマートフォンでの閲覧に移行しており、フリーペーパーからスタートしたR25もメディアとしてその役目を静かに終えることとなった。

発表資料

URL:https://r25.jp/oshirase/20170301001/

2017/03/01