稀勢の里昇進で注目の春場所の見どころは?

写真拡大

 稀勢の里が横綱として初めて迎える場所、大阪場所が3月12日に始まる。ガチンコ横綱・稀勢の里を中心とした先輩後輩などのしがらみに縛られない、遠慮のない取り組みによって若手日本人力士たちへの期待が高まるなか、ガチンコ外国人力士たちも土俵を盛り上げる。

 モンゴル勢(白鵬、鶴竜、日馬富士、照ノ富士)が3横綱1大関を占めるなかで、同郷の先輩に遠慮なく全力でぶつかっていく玉鷲(片男波部屋)や貴ノ岩(貴乃花部屋)、荒鷲(峰崎部屋)、千代翔馬(ちよしょうま、九重部屋)、逸ノ城(いちのじょう、湊部屋)らは優勝争いに波乱を巻き起こす存在となる。初場所では貴ノ岩が白鵬に、荒鷲が白鵬と鶴竜、玉鷲も鶴竜に土をつけた。

「玉鷲は土俵に情が入る余地を断つため、モンゴル人力士コミュニティの会食などにも、必要以上に立ち入らないようにしていると聞きます。荒鷲も、峰崎親方(元・三杉磯)から部屋を譲ってもいいと期待されているといい、帰化を視野に入れているだけに、同郷人脈とは距離がある」(協会関係者)

 モンゴル勢だけではない。前頭上位にはブルガリア出身の碧山(あおいやま、春日野部屋)もいる。

「初場所直後に同じブルガリア人の女性と結婚したばかり。奥さんはドイツで建築デザイナーとして活躍していた女性で、仕事を辞めて日本に移り住んだ」(同前)というから、3月場所は新妻に活躍を見せようと相当張り切って臨むとみられている。

 ブラジル出身の魁聖(かいせい、友綱部屋)もガチンコ力士として知られ、「2014年にすでに帰化。モンゴル国籍のまま一代年寄襲名を目指す横綱・白鵬の姿勢には疑問を抱いている」(別の協会関係者)とされ、一口に“外国人力士”といっても、その個性は様々なのだ。

 力士同士の因縁も真剣勝負を彩る。たとえば2013年には4人の力士(豪風、琴欧洲、琴奨菊、琴欧洲)を対戦翌日に球場に追い込み “壊し屋”の異名を持つ松鳳山(しょうほうざん、二所ノ関部屋)と、ガチンコのモンゴル力士・千代翔馬(ちよしょうま)の対決。

 昨年の9月場所でのことだ。立ち合いで当時新入幕の千代翔馬が激しく右の張り手を繰り出す。するとそれに松鳳山が激怒。怒濤の突き押しで千代翔馬を土俵際に追い詰めると、最後は土俵下に叩きつけた。

「千代翔馬は審判を務めていた浦風親方にぶつかり、桟敷席まで突き飛ばされた。それでも松鳳山の怒りは収まらない様子で、土俵下の相手を物凄い形相で睨みつけていた。新たな遺恨試合になるでしょう。その後、九州場所、初場所と対戦がありませんでしたが、3月場所では番付も近いので取り組みがある。千代翔馬がどう意趣返しするかですね」(スポーツ紙デスク)

 高校時代からのライバルもいる。松鳳山(宇佐産業科学高出身)は同学年の琴奨菊(明徳義塾高出身)とは高校時代に全国大会で何度も対戦した関係だ。同じ明徳義塾出身の栃煌山(とちおうざん、春日野部屋)と埼玉栄高で活躍した大関・豪栄道(ごうえいどう、境川部屋)も同い年で、いつも激しい相撲になる。

 その豪栄道と、小学生時代に同じ大阪・交野市の相撲道場に通っていたのが、大物食いで知られる勢(いきおい、伊勢ノ海部屋)だ。

「小学生時代の勢を見た豪栄道の父親が、体格的に同級生の息子の稽古相手に相応しいと見込んで道場への入門を勧めた経緯がある。もともとは豪栄道の背中を追いかけて勢が精進していたが、最近はなぜか疎遠になっているよう。春場所も対戦がありそうなので、2人の間に何があったのかを想像しながら見るのも一興でしょう」(担当記者)

※週刊ポスト2017年3月10日号