写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マイクロアドデジタルサイネージ(MADS)は、レオパレス21と業務提供し、レオパレス21が入居者向けインターネットサービス「LEONET(レオネット)」内で標準設備として提供している、Android TVサービス「Life Stick(ライフスティック)」への広告配信を2017年3月より開始すると発表した。

「Life Stick」への広告配信は、MADSが提供するデジタルサイネージアドネットワーク「MONOLITHS」より行われ、本連携により広告主は「MONOLITHS」から、これまでの屋外サイネージ、インストアサイネージなどのデジタルサイネージ媒体に加え、レオパレス21居住者の生活空間の広告メディア活用が可能となる。

MADSはアドネットワークサービス「MONOLITHS」を、屋外サイネージ、インストアサイネージに加え居住空間内のディスプレイなどもネットワーク化し、消費者との多様なタッチポイントを創り出すことが可能な広告配信ソリューションの拡充を進めていくという。

(丸山篤)