SUPER JUNIOR イトゥク「電話番号流出」に対して“必死の訴え”

写真拡大

SUPER JUNIORのイトゥクが携帯番号流出に対する苦痛を訴えた。

イトゥクは1日、自身のSNSを通じて「深夜だけは電話とメッセージは差し控えてもらいたい」とファンに訴えた。

イトゥクは自身のInstagram(写真共有SNS) のハッシュタグを通じて「全部良いんですけど、深夜だけは電話とメッセージを差し控えてください。海外に番号が公開されたみたいですが、早く収録に行かなければならないので、一度だけ勘弁してください。昼にやってください。お願いします」と訴えた。

SUPER JUNIORのイトゥク、個人の携帯電話番号が流出したものとみられる。そのためファンから電話とモバイルメッセージが深夜にまで相次ぎ、苦しい心境を吐露したのだ。

イトゥクは2012年にも電話番号の流出による苦痛を訴えたことがある。「『顧客情報が流出しました』というメッセージが届いた」というイトゥクは「驚きもない。毎回あったことだけど、あまり良い気分はしない。僕の情報が流出してすべて警察のほうに調査が移ったらしいけど、どうせすぐにまた流出するだろうから。電話番号を変えると、すぐに連絡が来る世の中だから」と率直な心境を打ち明けた。