ドイツでは誰も食べない豚のひづめや耳、しっぽ、頭などを中国に売れば、ひと商売できるかもしれない。独ドイチェ・ヴェレが伝えた。写真は豚の鼻を使った四川料理。

写真拡大

2017年2月27日、中国紙・参考消息(電子版)によると、ドイツでは誰も食べない豚のひづめや耳、しっぽ、頭などを中国に売れば、ひと商売できるかもしれないと、独ドイチェ・ヴェレが伝えた。

【その他の写真】

豚のひづめはドイツで売ると1キロ当たり12〜15ユーロセント(約14.3〜17.9円)にしかならないが、食材として需要がある中国では同50〜60ユーロセント(約59.6〜71.5円)で売れる。豚の耳や頭も1キロ当たり2〜4ユーロ(238〜476円)で売れることから、ドイツの精肉会社にとって中国への輸出は新たな収入源として魅力的なものになっている。精肉会社の関係者は「食材を100%使い切ることは、経済的な理由もあるが、尊い命をいただく以上、余さず使うべきだというモラル上の理由もある」と話す。

中国では豚肉の生産量が徐々に減少している。小規模酪農家を中心に、飼料価格の高騰や伝染病などが影響し、過去3年で食用豚の出生数は1170万頭減少。しかし、需要は増え続けている。14億人もの中国人が年平均36キロの豚肉を消費しており、輸入の需要は高まっている。

しかし、つい先日、ドイツの精肉会社2社は中国への輸出許可を取り消されたばかり。一部の輸出品で変質が見つかったことと、ラベルに誤りがあったことが理由だが、精肉会社は問題を改善し、早急に輸出を再開できるよう中国政府と交渉しているという。(翻訳・編集/岡田)