1997年、世界初のパラレル・ハイブリッドカーとしてプリウスが誕生した時、個人的に興味津々、実は飛びついて注文しました。

「これは面白い機構のパワートレインだ。乗ってみて試してみなきゃ、本当のことはわからないだろう」という興味が一番大きな理由でした。

1

215万円というプライスは、画期的なクルマにいち早く乗れる対価としては妥当だし、売ってるトヨタさんとしてもそれでペイする値付けでないことは明確なことを考えると「安い」と感じたほど。ちなみに真偽のほどはわかりませんが、社内で車両価格の根拠は明確にすることができず、「21世紀へ5(GO!)」として215万円になったとかウワサされました。もちろん、値引きはゼロ。納車は1998年の3月末でしたが、翌4月からはグリーン税制で減税されたのだけは少し悔しかったです。

日常で使ってみると、初代プリウスの初期モデル特有の「個性」でもある「かっくんブレーキ」も欠点と感じるより、「これをうまく使って燃費をよくしたり、快適に走れるようにしたい」とプラスに感じたくらいです。

高速では100km/h巡航でもしばらく走っていると上り坂などで「亀マーク」が出てパワーダウン。それも新しい発見、どれくらいなら亀がでないのかな?と楽しんでいました。

しばらくは周囲の人に「これがプリウスか。乗ってもいい?」とか聞かれたり、「こんな半分電気で走るクルマ、楽しわけないよ」といいつつ乗った後にはみんな「へー、すごい時代になったんだね」と微笑みます。当時担当していた改造車系自動車雑誌の取材先で、今はお亡くなりになった強面チューナーさんが満面の笑みで私のプリウスから降りてきたのを今でも思い出します。

確か半年点検の時、バッテリーのセル間の電圧差が基準値を超えたので無償交換しました。プリウスの215万円はバッテリーの値段とも言われた高価なものをタダで交換してくれるのも嬉しかったし、新しいジャンルのクルマの進化に関わっていられるというのも自動車好きとして誇らしくも感じました。

その後のその個体は実家に引き取られ永い余生を送りました。トヨタを支えるまでになったプリウスはマイナーチェンジ、フルモデルチェンジの度に大きく進化し、まともなクルマにどんどん成長して、正直言って所有するほどには興味のないクルマになっていました、個人的に。

前置きが長くなりましたが、新型プリウスPHVには、そんなワクワクを思い出させるものが用意されています。新たな装備として、動力に貢献する電気を発電するソーラー充電システム。Sグレードのみにオプションで28万800円です。駐車中に太陽光エネルギーを動力用電力として蓄えるのは量産車として世界初だそうです。

その蓄え方も凝っていて、一旦ソーラーパネルが発電した電気は占用のシステムを介して一旦ニッケル水素バッテリーに充電され、ニッケル水素がいっぱいになると動力用リチウムイオン電池へと電気が送られます。このソーラー用のシステムというのが肝で、通常のシステムを立ち上げると大きな電力を喰ってしまい、本末転倒になるとの考えからだそうです。一見ムダのようですが、そのこだわりがいいですね。

実質的にどれくらい発電するのか?というのはカタログによると「ソーラー充電システムによる駐車中充電量のJC08モード電費換算値」で1日当たり2.9km走れる電力を蓄えるんだそうです。ピンと来ないですよね。

で、お聞きした実例では「10日ほどお休み中に露天の駐車場に置きっぱなしにしていたら動力バッテリーが満充電になっていた」とのこと。何日目に満充電になったかはわからないそうですが、これはウレシいじゃないですか。カタログ値で68.2kmも走れるんですから。ガソリン車じゃありえませんよ、駐車してたら満タンになったなんて。

急速充電(これは全車に付いてます)も、いろいろ考えるとPHVにはなくていいような気がします。ガソリンで発電するよりもコスト高なケースも考えられる急速充電を使ってみるのは買ってから数回試すだけかも知れません。けれど、やってみたいという気持ちを満たすのは大事だと思います。いざとなって、ガソリンを買うには長蛇の列の時とか、急速充電した電気で誰かの元へ行けるとか、その電力を100Vにして暖を取ったり調理ができるかもしれません。「いざという時のこと、お父さんは考えてるんだよ」とも言えます。純EV車の迷惑だという意見もあるでしょうが、そもそも電気自動車も急速充電は緊急用と考えるべきと思っています。

元が取れるのか?とか考えるのもいいでしょう。けれど、趣味、やりたいことにコストをかける、それで少し環境に優しいのかなと気持ちよくなる、知らなかった発見を求めたいといった人間の、特に男性に多いのではないかと思う基本的欲求を満たすんだからいいじゃないですか。そんなの要らないというのなら、なぜこんなにネットでどの景色でも見られるのに旅行に行く人はなくならないんでしょうか? みんな実体験がしたいんですよ。

そのほかにも、11.6インチの大画面や、駐車中にスマホで空調コントロールするなど先進機能も充実していて、新たにやれることは満載のプリウスPHV。最近のクルマはつまらないと思っているかた、一度触れてみてその使い切れないほどの機能を確かめてみるといいかと思います。最新のクルマの楽しみ方が見つかるかも知れませんよ。

これからの自動車の将来を具現化して体験させる使命を持って生まれたプリウス。ハイブリッドの次は?のコピーにあるように最新のものを持ってなければならないのです。そういう意味でもソーラー充電も急速充電も必要なのだとも言えるでしょう。

(文・写真:clicccar編集長 小林 和久)

トヨタ新型プリウスPHVのソーラー発電、急速充電は必要?(http://clicccar.com/2017/03/01/450199/)