音楽の快感はセックスや麻薬と同じ?(depositphotos.com)

写真拡大

 ヒトの基本的な欲求が満たされた際、活性化される脳内の神経経路のことを「報酬系」と呼ぶ。

 音楽の心地よさもここに作用することが判明している一方、危険ドラッグなどの禁止薬物も同じ脳内報酬系に強く作用する。そのため、溺れれば薬物依存症に結びついてしまう。

 そこで憶えてほしいのが、日本人にはいくぶん馴染みの薄い<オピロイド(opioid)>という言葉だ。これは「オピウム(opium:アヘン)類類縁物質」の意味をもち、鎮痛作用を有し、法律で医療用の使用が許可されている「医療用麻薬」の総称だ。

 これらは薬理学的に「オピオイド鎮痛薬」というグループに分類されている。このオピオイドという言葉、なんだか最近どこかで耳にしたような気もするが......そんな音楽好きの方もいるだろう。

 そう、昨年4月に惜しまれながら急逝した米ミネソタ州出身の天才アーティスト、プリンスさん(享年57)。彼の死因がこの、オピオイド系鎮痛剤の過剰摂取によるものだった。

好きな音楽が脳に快楽を与える

 地元の検視官事務所が公表した報告によれば、腰痛に苦しむプリンスさんが自己投与していたのは、極めて強い鎮痛作用をもち、末期がんの痛みの治療に使われる合成オピオイドの「フェンタニル」だった。

 米国内では悪質なペインクリニック、つまり大量の薬剤をホイホイと処方するような医師や診療所のことを「ピルミル:pillmills」と蔑称するそうだ。親の代理で治療薬を持参し、プリンス邸に派遣された専門医の息子も医師資格は持っていなかった。

 そこで本題だが、2月8日の『Scientific Reports』(オンライン版)に掲載された、マギル大学(カナダ・モントリオール)のDaniel Levitin氏らによる最新研究報告も「音楽とオピオイド系」をめぐる、なかなか興味ぶかい知見なので紹介しておこう。

 Levitin氏らは今回の研究に際し、ボランティア参加である大学生17名の協力を得た。いずれも音楽好きな17名の学生に対し、件のオピオイド系(=脳内の神経化学物質)を遮断する薬剤「naltrexone(国内未承認)」を投与し、それから各自に音楽を聴かせた。

 結果、17名の被験者たちは、いずれも薬剤の効果が途切れるまでの間中、<大好きな音楽に接しても何ら喜びの感情を抱かなかった>という。

 研究陣が導き出した結論はこうだ。

 ヒトが好きな音楽に接することで得られる喜びは、セックスや禁止薬物、あるいは美味しいものを食べて満たされるのと同じく、やはり脳に快楽を与える刺激の経路(報酬系)によって誘発される――。

 しかも、今回の研究によって、脳内のオピオイド系が音楽の喜びに直接関与するという点も初めて示唆された。
大好きな曲なのにいつものように感じない

 結果自体は想定内、「事前に立てた仮説の域である」としつつ、Levitin氏はこう述べている。

 「ただし、実験後に今回の被験者である学生諸君が語ってくれた感想は、それぞれに極めて興味ぶかいものでした。たとえば、『とても大好きな曲なのに、なんでいつものように感じないんだろう』とか、『凄くきれいな曲だけど、じぶんには何も意味がないように思えた』とかね」

 いにしえから文字をもたない民族は数多いても、歌をうたわない民族はいないといわれる。

 Levitin氏も「音楽がヒトの感情に強く影響するのは進化上の起源があるからであり、私たちの研究成果もさらなるエビデンスをそこに追加したものと自負している」と述べている。

ヘロインの25〜50倍、モルヒネ比で50〜100倍!

 ところで前掲のオピオイド鎮痛薬だが、米国内では術後の急性疼痛から3カ月を超える慢性疼痛に対してまで幅広く使用され、年間処方数は1991年時点の7600回から2013年には2億超まで増加中だ。

 2013年の鎮痛剤依存症人口は全米で約190万人に上り、翌2014年のオピオイド過剰摂取による死者数が2万8647人で「1日78人」が死亡している計算となった。

 しかも、薬物中毒の死者数のおよそ60%がオピオイド服用者というから、「殿下の死因」も米国人には然もありなんだったのかも......。

 ちなみに鎮痛効果の違いにより、「強オピロイド」と「弱オピロイド」に二分されるそうだが、プリンスさんの投与したフェンタニルは前者に属し、その強さはヘロインの25〜50倍、モルヒネ比で50〜100倍だとか。そりゃ、さすがの殿下も逝くわ!
(文=編集部)