ケイティ・ペリー、4年ぶりの新アルバム『ウィットネス』を6月に世界同時発売

写真拡大

ケイティ・ペリー(Katy Perry)が4年ぶりの新アルバム『ウィットネス』を2017年6月9日(金)に世界同時発売することが決定した。

カリフォルニア出身のシンガー・ソングライターであるケイティ・ペリーは、キュートなルックス&キャラクターやユニークなファッションセンスで知られるプリンセス・オブ・ポップ。「カリフォルニア・ガールズ」や「ティーンエイジ・ドリーム」「ロアー」など、アップテンポでキャッチーな楽曲が人気だ。またお忍びで来日するほど親日家としても知られている。

新アルバム『ウィットネス』は、ケイティ自身の生活や身の回りで起こった変化を反映している。“目撃すること/証人になること”という意味を持つタイトルには、こうしたケイティの“進化”を聞き手が目撃する、という意味が込められており、4年という時間を経て凝縮された彼女のメッセージが表現された内容になっている。

既にリリースされたアルバムからの先行トラック「チェーン・トゥ・ザ・リズム〜これがわたしイズム〜」や「ボナペティ feat. ミーゴス」の2曲はどちらも挑戦的な内容となっていた。中でも「ボナペティ feat. ミーゴス」のミュージック・ビデオは、フランス語で「召し上がれ」という意味を持つタイトルの通り、ケイティ自身がまるで食材のように調理されるというインパクトのある内容で話題となっている。

さらに、ニッキー・ミナージュとコラボレーションした先行トラック「スウィッシュ・スウィッシュ feat. ニッキー・ミナージュ」も解禁された。本曲に関してケイティーは「これは誰かがあなたを押し下げたり、いじめたりしようとする時に使える素晴らしいアンサムだと思う。自分に値しない、あらゆるネガティブな物事に対する解放を表しているの」と語っている。前述した2曲とは異なるテイストに仕上がっており、ますますアルバムの楽曲バリエーションに期待が高まる1曲だ。

そんなアルバムをひっさげた「ウィットネス・アリーナ・ツアー」の開催もすでに決定。9月7日(木)にアメリカ・オハイオ州コロンブスにてスタートし、10月2日(月)のニューヨーク マディソン・スクエア・ガーデンやケイティ・ペリー・コレクションズ10月11日(水)のバークレーズ・センター、11月7日(火)のロサンゼルス ステープルズ・センター、そして12月20日(水)のマイアミ アメリカン・エアライン・アリーナを含む長期ツアーになっており、2018年1月5日(金)のニュー・オーリンズ公演をもって、北アメリカ編は終了となる。来日公演もぜひ期待したい。

なお、彼女の手がけるシューズ・ブランド「ケイティ・ペリー・コレクションズ(KATY PERRY COLLECTIONS)」が日本初上陸。2017年6月12日(月)からラフォーレ原宿で発売されるので、ファンはこちらもぜひチェックしてみて。

【詳細】
ニューアルバム『ウィットネス』
発売日:2017年6月9日(金) ※世界同時発売
国内盤(2形態)
・『ウィットネス 〜スペシャル・プライス・エディション』(CD) UICC-90005
価格:2,200円+税
・『ウィットネス 〜デラックス・エディション』(CD+DVD) UICC-90006
価格:3,100円+税


[写真付きで読む]ケイティ・ペリー、4年ぶりの新アルバム『ウィットネス』を6月に世界同時発売

外部サイト

  • 「ディズニー・オン・クラシック 〜春の音楽祭 2017」を渋谷で - ”モアナ”の楽曲も国内初演奏
  • アカペラ5人組・ペンタトニックスの紅一点「カースティン」がソロ・デビュー、ポップシンガーに
  • 「ワン・ダイレクション」のリアム・ペインがソロデビュー、エド・シーランとシングル共同作成