写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TBSは1日、東京・赤坂の同局にて4月期番組改編説明会を開催。昨年10月期に放送された大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の続編について言及した。

報道陣から続編やスピンオフの可能性を尋ねられると、編成部企画総括の石丸彰彦氏はスピンオフは「ない」と断言。その上で、「続編は、そうなったら私もうれしいです」と、個人的な意見としてコメントした。

同ドラマは、職なし彼氏なしの主人公・森山みくり(新垣結衣)と、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)が、"契約結婚"という夫=雇用主、妻=従業員となる結婚生活を繰り広げるラブコメディ。エンディングで星野が歌う主題歌「恋」に合わせてキャスト陣が披露した"恋ダンス"も、完コピする人が続出する大ブームとなった。