写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは3月1日、「ソニービル記念品ルーバー」のチャリティ販売を開始した。販売期間は6月30日17時まで。数量限定で、予定数に達した場合は終了となる。記念品は、10月以降に予約順で配送される予定だ。

ソニービル記念品ルーバーは、銀座ソニービルの外壁に使用したアルミ製の装飾パーツ(ルーバー)を、手作業で裁断し加工したもの。ソニービルのロゴのほか、ソニービルが誕生した1966年と解体される2017年の年号を刻印する。サイズはW60×H128×D118mm、重量は160g。

記念品には、1966年の開業当時と同じデザインで、1992年の改修時に新たに設置されたルーバーを使用する。ソニーは「実際に屋外に設置されていたものですので、傷や汚れがある場合もございます」とアナウンスしている。

記念品の販売収益は、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとソニーが共同で設立した「子どものための災害時緊急・復興ファンド」に全額寄付される予定だ。詳細は、ソニービル記念品ルーバーのチャリティ販売ページを参照いただきたい。