アジリティに優れ、フィニッシュワークで力を発揮するチャナティップ。今夏の札幌加入が決まっている注目のアタッカーだ。(C)Getty Images

写真拡大

[ACL・2節]ムアントン・U2-1鹿島/2月28日/スパチャラサイ
 
 15分、ムアントン・Uのチャナティップが鋭い身のこなしで前を向くと、鹿島ゴールへと鋭いドリブルで突き進む。対応した永木亮太がたまらず後ろから倒すとファウルの判定。これで得たFKをティラートンがねじ込み、ムアントン・Uが先制に成功した。
 
 ゴールに繋がるドリブルで違いを作ったチャナティップは、”タイのメッシ”と言われる実力者で、今夏の北海道コンサドーレ札幌加入が決まっている。タイ代表としても活躍する23歳のアタッカーは、持ち前のテクニックとスピードで最後までJリーグ王者を苦しめた。
 
 試合後の公式会見で、チャナティップの印象について訊かれた鹿島の石井正忠監督は、次のようにコメントしている。
 
「テクニックがあって身体のキレがある選手」
 
 日本が誇る常勝軍団から大金星を挙げたムアントン・Uにおいて、その存在感は際立つものだった。

【鹿島 0-1 FC東京 PHOTO】オウンゴールで鹿島がまさかの黒星スタート!