フランスの首都パリで、児童婚に反対するNGOの運動に参加する、14歳の時にバングラデシュで強制婚姻を免れた女性(2016年10月10日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】バングラデシュで、18歳未満で結婚するいわゆる「児童婚」を特定の条件下で認める法案が議会で可決され、人権団体などから批判の声が上がっている。

 バングラデシュ議会は先月27日、英国の植民地時代に制定された法律に代わるものとして、新たに児童婚禁止法(Child Marriage Restraint Act)を可決した。新法では、結婚が可能となる年齢を従来通り男性は21歳、女性は18歳としているものの、18歳未満でも、駆け落ちする、性的暴行を受ける、非嫡出子を出産するなどの「特殊な状況」ではこの年齢制限を緩和するとしている。

 人権団体などはこの法について、バングラデシュで児童婚が減少し、女性や子どもの健康が改善されたことを台無しにするものだと批判している。

 バングラデシュの子どもの権利擁護団体「Child Rights Advocacy Coalition in Bangladesh」のヌール・カーン(Nur Khan)代表は、「最大の懸念は、この法律が特殊な状況における結婚年齢の下限を設けていないことで、14〜15歳の子どもでも結婚させることが可能なことだ」と語った。

 しかし、女性や子どもに関する問題を検討する委員会を率いる与党議員は、新法は国の1億6000万人の人口の70%が暮らす村落の現実を反映させたものだと主張している。

 バングラデシュは児童婚の割合が世界で最も高い国の一つで、国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)によると66%の女性が18歳未満で結婚し、そのうちの3分の1以上は15歳未満で結婚している。
【翻訳編集】AFPBB News