写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TBSは1日、東京・赤坂の同局にて4月期番組改編説明会を開催し、全日・NP(ノンプライム)帯の改革を発表した。

説明会では、2016年度の全日帯の視聴率が前週までで6.1%と数字が伸びていることを発表。『あさチャン!』が7時台の週平均視聴率で6.0%を記録するなど着実に上昇し、『ひるおび!』も引き続き好調、午後の『ゴゴスマ〜GO GO!Smile!〜』も2月2日に番組ベストの5.8%を出すなど認知が広がってきているという。

そのような状況を踏まえて、4月の改編の大テーマは「全日・NP帯の改革」に。最大の改革は、夕方のニュース番組『Nスタ』のリニューアルで、メインキャスターに井上貴博アナウンサー、そしてホラン千秋、国山ハセンアナウンサーが加入する。編成部長の菊野浩樹氏は「より広い視聴者に見ていただきたいということでフレッシュな顔ぶれにした」と話した。また、『ビビット』には堀尾正明が新たにレギュラーコメンテーターとして加わる。

そして、週末には土曜朝にくりぃむしちゅーの上田晋也がMCを務める『上田晋也のサタデージャーナル』を編成。上田がニュースのプロから「読み・分析・見立て」を引き出し、ニュースの表と裏を伝えていく。さらに、『王様のブランチ』もお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建とモデルの佐藤栞里を新MCを迎えて生まれ変わる。