写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NVIDIAは、米国時間の2月28日、カリフォルニア州サンフランシスコ市内でGAMER'S EVENTを開催し、Pascalアーキテクチャ世代の新しいハイパフォーマンスデスクトップGPUとなる「GeForce GTX 1080 Ti」を発表した。来週から、NVIDIA自身の設計によるFOUNDERS EDITIONを、NVIDIA直販とAIC(Add-In-Card)パートナー各社を通じて発売する。市場想定価格は、699ドル(78,288円:1ドル=112円換算時)。

GeForce GTX 1080 Tiは、TSMCの16nm FinFETプロセスで120億トランジスタを集積したPascalアーキテクチャの"GP102"コアをベースとし、フラグシップモデルのNVIDIA TITAN Xの最新モデルと同じく、3,584基のCUDAコアを統合するが、メモリインタフェースは若干削られ、352bit幅に変更されている。

一方で、メモリにMicronの第2世代GDDR5Xメモリを採用することで、11Gbpsの広帯域を実現、さらにベースクロックを1,480MHz、Boostクロックを1,582MHzに高めたほか、FOUNDERS EDITIONでは2GHzへのオーバークロックも可能だとし、TITAN Xよりも優れた性能を発揮すると言う。なお、本製品の主な仕様と、現行製品との比較は以下のとおりだ。

なお、GeForce GTX 1080 Tiについての詳細はのちほど改めて紹介する。

○GeForce GTX 1080 / 1060のオーバークロックモデルも追加

また、NVIDIAは、GeForce GTX 1080 Tiの発売にあわせ、現行モデルであるGeForce GTX 1080と同1060に、メモリを強化したオーバークロックモデル「GeForce GTX 1080 11Gbps OC」と「GeFoce GTX 1060 9Gbps OC」の2モデルを追加し、AICパートナー各社から市場投入されることを予告した。

GeForce GTX 1080 11Gbps OCは、GeForce GTX 1080 Tiと同じ、11Gbpsのメモリスピードを実現した第2世代GDDR5Xメモリを採用、一方、GeFoce GTX 1060 9Gbps OCは、従来最速のGDDR5メモリよりも1Gbpsメモリ速度を高速化したモデルとなる。なお、GPUそのものには変更はないため、ベースクロックやBoostクロックについては、パートナー各社の独自仕様になると思われる。

(本間文)