写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セブン銀行は3月1日〜31日、熊本県益城町の益城町児童館に屋外遊具を贈るためのクリック募金を実施している。

2016年4月の熊本地震で、益城町児童館は建物の大きな損傷を免れたが、災害対策本部や避難所として活用され、児童館としての機能は長らく停止していた。今回の募金は、同年10月に再開した同施設に、子どもたちが外で元気一杯に遊べる遊具を贈るためのもの。

セブン銀行ウェブサイトの特設ページ内の「募金に協力するボタン」をクリックすると、1クリックにつき1円を同銀行が寄付する。寄付金は、一般財団法人児童健全育成推進財団の熊本地震被災地児童館復興支援プロジェクトを通じて、益城町児童館の屋外遊具購入に利用される。

セブン銀行のクリック募金は今回で17回目、そのうち児童館復興支援を目的としたクリック募金は5回目の実施となる。