堀江貴文氏

写真拡大

1日、堀江貴文氏が経済系ニュースアプリ「NewsPicks」上で、東京・小金井市の女子大生刺傷犯に対する量刑をめぐり、厳罰化を求める世論に異を唱えた。

2月28日、小金井市で芸能活動をしていた女子大生・冨田真由さんを刃物で刺した岩埼友宏被告に対し、東京地裁は懲役17年の求刑に替えて、懲役14年6カ月の判決を下した。このニュースに対し、NewsPicks上では多くの批判コメントがあふれたという。

そんな中、堀江氏は「(NewsPicksの)コメント欄が厳罰化一色でちょっと危ない」と一石を投じたのだ。被告が犯したのは殺人未遂であり、殺人の通常の量刑より低い懲役14年6カ月という判決に「ある意味普通」とコメントする。

続けて、堀江氏はこうした残虐な事件が発生して、厳罰化を求める世論が盛り上がることで、そのたびに量刑が重くなるのは「はっきりいって際限ない」「例えばそれは脱税などでも同様。量刑を重くすることは自分たちの将来の自由を奪うという事を理解しましょう」と指摘した。

さらに堀江氏は「『俺は犯罪なんか犯さないよ』とでも思ってるのでしょうか?」と問いかける。厳罰化は、犯罪でなかったことも犯罪になる現象を引き起こし、例として共謀罪をあげ、冤罪も多発するようになると警鐘を鳴らす。

堀江氏は被告を擁護しているワケではなく、起こした事件は「酷い犯罪」だとしつつ、「厳罰化の議論は分けて考えるべき」「軽く『死刑にすべき』とかいうべきでない」と主張。「そんなこと言ってたら自動車の運転でミスって人を轢き殺したら死刑なんて時代になりますよ」と意見を締めくくっていた。
【関連記事】
坂上忍 小金井市殺傷事件の公判に怒り「聞いているだけで吐き気がする」
松本人志が女子大生刺傷事件の加害者に声荒げる「終身刑でも足りない」
テリー伊藤 女子大生刺傷事件をめぐる警察の対応を批判「想像力がない」