エレッタ

写真拡大

 デロンギ・ジャパンは3月1日、挽きたての豆から味わえる、全自動コーヒーマシンのフルスペックモデル「デロンギ エレッタ カプチーノ トップ(ECAM45760B)」を発売した。税別価格は24万円。

 豆挽きと抽出だけではなく、水の計量から洗浄までの工程を全自動化。簡単な操作でレギュラーコーヒーや多彩なミルクメニューを楽しめる。プリセットメニューは、カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソマキアートなど7種類。

 昨年発売した「プリマドンナXS」で好評だった、芳醇な香りと旨みを凝縮した「深蒸しレギュラーコーヒー」を抽出できる「カフェ・ジャポーネ」、きめ細かく、舌触りのなめらかな泡を作る「ラテクレマシステム」機能を搭載し、細かな味のカスタマイズにも対応する。

 このほか、抽出量、豆量、湯温度などを好みに合わせて幅広く設定でき、ミルクスチームは手動/自動を切り替えられる。また、「プリマドンナXS」では背面にあった水タンクを前面に配置し、フロント部ですべての操作を可能にした。サプライ容量は豆が370g、水が2Lで、ともに現行製品最大容量となる。