家のNASが壊れそうな状態です。
ある日いきなりネットワークドライブにアクセスできないなという事から電源が落ちている事に気が付き、立ち上げ直してしばらく放置、再度アクセスしようとしてもアクセス出来ず、見るとステータスランプが手滅し続けている事に気が付きました。

原因を、調べてみるとどうやら正常終了されなかったためチェックディスクが走っている様子。
これ壊れたら今までため込んできた音楽ファイルなんかが全部パァだなぁと思うと少しゾッとしましたw

幸いチェックディスクが終わってその後は正常にアクセスできているのですがまたいつ壊れるか気が気ではないので、そろそろ新しいのを買うかなと思っています。

色々と調べてみていますが、結局はIODATAのLANDISKかBUFFALLOのLinkStationしかないんだよねというのが現状ですね。
この二つほとんど機能としては変わらないのですが、大きく違うポイントと言えそうなのが、NAS上のデータのバックアップ方法です。

スマホからNASへのデータ保存に関してはIODATA、BUFFALLOともに用意しているようです。

NAS上のデータのバックアップ方法はIODATAがdropboxの利用だったり、インターネット回線を使った同系機へのバックアップだったりとクラウドを使うのが前提です。
BUFFALLOはUSBポートからつなげたHDDに書出しが可能なようです。

データバックアップするのにいちいち家の回線を重くするのも嫌ですし、何より写真を外のクラウドに保存するというのが嫌です。

というわけで、BUFFALLOのNASを近々購入するかなと思っています。

LS210D0101C【税込】 バッファロー ネットワーク対応ハードディスク 1.0TB [LS210D0101C]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:13700円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)

Copyright © 2017 Galaxy Lab All Rights Reserved.