本当はどのくらい?イマドキの雛人形の相場とは

写真拡大

雛人形の値段はピンキリであり、見栄えはそんなに変わらないのにすごく安いものもあれば目玉が飛び出そうなほど高いものもあったりします。「他の家ではどれくらいのものを買ってるんだろうか」、さらには「決めたいけどこれを買っていいんだろうか」とついつい不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は悩める親御さんたちのために、飾り方別に雛人形の相場について紹介します。

■ 雛人形の値段はピンキリ?

雛人形を買おうとしたときに、こっちのサイトでは5万円、でもあの店に行くとウン10万円……なんてことが起こったりしませんか?しかも、ほとんど同じように見える人形であったとしても値段の差が出てくるのです。これには以下のような理由があります。

・人形の数
・お道具・お飾りの有無
・雛人形のつくりの細かさ
・有名作家が作ったかどうか

飾るものの量が増えると値段も高くなるという単純な理由から、手がかかっている商品やブランド化された商品であると値段が高くなるという、素人にはわかりにくい理由もあります。これらの理由が複雑に絡み合って、雛人形の値段はピンキリになっています。

■ 飾り方別の値段相場

雛人形の飾り方には大きく分けて3つあり、ピンキリとは言いつつ大体の相場もその飾り方によって分かれています。ここでは七段飾り、三段飾り、親王飾りの相場を紹介します。

◎ 七段飾り

・相場:20万〜100万円を超えるものもあり
・高さ:1.5〜2m以上。
・一戸建向き

雛人形、と聞くと思い浮かべるのがこの形の雛人形ではないでしょうか。7段の飾り棚とお雛様、お内裏様、三人官女、五人囃し、右大臣、左大臣、仕丁の三人の人形、そしてもろもろのお飾りがついた、完全装備の雛人形です。相場としては20万円程度になりますが、有名作家が作ったもの、つくりが凝ったものとなると100万円を超えてくるものもあります。

◎ 三段飾り

・相場:20万〜50万円程度
・高さ:50〜80cm程度
・マンション・アパート向け

お雛様、お内裏様、三人官女の人形と、菱餅、御所車などの飾りが3段の飾り棚に並んだつくりです。

◎ 親王飾り

・相場:5万〜20万円程度
・高さ:10〜30cm程度
・マンション・アパート向け

平飾りとも言います。人形はお雛様とお内裏様のみで、いくつかのお飾りを並べたかたちの雛人形です。

■ 何とか価格を抑えたい!という方へ

◎ 金屏風、緋毛氈のものを選ぶ

お雛様の後ろの飾りが金屏風、飾り棚の上に敷かれた赤い布が緋毛氈です。この古式ゆかしい飾り付けの組み合わせの飾り付けを選ぶ方が、木製の段と屏風を選ぶよりも3万〜5万円は安くすることができます。金色と赤色なので華やかさも見劣りしません。

◎ コンパクトサイズの三段飾りのものを選ぶ

雛人形を設置するスペースは少ないけれど三段飾りが欲しい、という方に向けて、最近は間口75cm以下のコンパクトな商品を取り扱う人形店が増えています。それぐらいの大きさだと手頃な価格の商品が多く、10万円以下で購入できる商品もたくさんあります。また飾り段が小さくなれば雛人形も当然小さくなりますが、幅60cm程度の三段飾りなら6〜7万円で購入できます。

■ 見栄えや相場を考えて決断を

あまり高いものは買えないけれど、雛人形は一生物なので立派なものを買ってあげたいという気持ちが、親御さんの中では拮抗していると思います。値段と見栄え、どちらも納得のいくものを探してみてください。

(image by amanaimages)
(著:nanapi編集部)