北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、同国が12日に行った地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射に対して韓国が「悪らつに言い掛かりをつけながら、米国と共に『キー・リゾルブ』『フォール・イーグル』合同軍事演習の規模を大幅に拡大するとけん伝している」と非難する論評を配信した。

論評は、韓国が「内外の糾弾と排撃を受けている米国の『THAAD』配備を合理化するかとすれば、ドイツで行われた20カ国・地域(G20)外相会議とミュンヘン安保会議などで『北の核共助』を哀願する醜態を演じている」と指摘。

また、「戦略弾道ミサイル『北極星2』型の試射は、われわれの空と地、海で行われた経常的な試射として、国防力強化に向けた自衛的措置であり、主権国家の正当な権利行使である」と主張した。

さらに、「われわれが核武装を国家路線とし、万難を克服して強力な核抑止力を備えたことが民族の自主権と生存権のための至極賢明で正当な選択であったということを、民族の利益を外部勢力に売り渡して祖国の領土を核戦争の賭博場に任せた朴槿恵一味は死んでも理解できないだろう」と述べた。

そのうえで、「核戦力を中枢とするわれわれの自衛的国防力と先制攻撃能力は日増しに拡大、強化されるであろう」と強調した。