© 2016 Google Inc.

『YouTube』公式アプリがアップデートされ、Safariで動画を簡単に開けるようになりました。YouTubeの動画をバックグラウンドで再生したいときに役立ちます。

その方法をご紹介します。

YouTube動画をSafariで開くように設定する方法

まずはYouTubeアプリを最新版にアップデートしましょう。

App Storeアプリを開き、画面右下の【アップデート】をタップ。YouTubeアプリのアップデートを行います。


次にYouTube動画へのリンクをタップ。すると、YouTubeアプリが起動します。


動画の再生が始まりますが、画面右上に注目。【youtube.com】をタップしましょう。


© 2016 Google Inc.

Safariでその動画を開き直すことができます。


© 2017 YouTube, LLC

次回以降は、YouTube動画へのリンクを開いてもYouTubeアプリで再生は始まらず、Safariで動画のページが表示されるようになります。

YouTubeで再生を始めたあと、ホームボタンを押すなどしてホーム画面・ほかのアプリに移動すると、画面右上の【youtube.com】という表示は消えます。

そんなときは、リンクから動画を開き直して表示を復活させましょう。

SafariでYouTube動画を開き直したあと、バックグラウンドで再生する方法はこちらのページでご紹介しています。
YouTubeの動画をバックグラウンドで再生する方法【iOS 10】

YouTube動画を公式アプリで開くように設定し直す方法

YouTube動画のリンクをSafariで開くのではなく、YouTube公式アプリで開くように設定し直すこともできます。

SafariでYouTube動画のページを開いたら、画面を下に引っ張りましょう。すると、画面の上に【開く】というボタンが現れます。

これをタップすると、その動画をYouTubeアプリで開き直せます。


© 2017 YouTube, LLC

次回以降は、YouTube動画へのリンクをタップするとYouTubeアプリで再生するようになります。