「せいこうの歴史再考」に出演するいとうせいこう

写真拡大

BS12 トゥエルビにて放送中の「せいこうの歴史再考」(毎週月曜夜9:00-9:55)は、偉人の足跡や今に伝わる日本文化の成り立ちを、経済の視点から探る歴史番組。

【写真を見る】いとうせいこうは案内役の歴史アイドルたちに「甘えていると思います」とニッコリ

3月6日(月)の放送では、約1300年続く日本独自の伝統文化「相撲」を取り上げる。神事から娯楽、そしてスポーツへと変遷した相撲興行。そのビジネス戦略に迫り、現代にも通じる経済術をひもといていく。

今回、放送2年目を迎えた同番組に出演する、いとうせいこうにインタビューを行い、番組への思いや見どころについて聞いた。

──1年ほど前、「事前に番組内容を予習しない」と仰っていましたが、そのスタンスは今でも変わりませんか?

変わらないですね。予習は全くしていません。予習をしてしまうと僕自身に驚きがなくなっちゃうし、脱線できなくなっちゃうでしょ? 勝手に脱線していく方が、テレビは面白いと思うんです。

歴史的な事実を伝えるのはスタッフたちが編集でやることであって、僕は視聴者と同じ視点で疑問を持ったり、僕なりに他の業界のものと結び付けて新説を唱えたりするのがいいと思うんですよね。

──この番組では歴史アイドルの方たちとも共演されていますが、いかがですか?

彼女たちが歴史を知っているから、こっちはこんないい加減でいられるんだよ。僕が興味を持つとどんどん質問するっていうのを彼女たちは知っているから、みんなきちんと勉強してくるしね(笑)。

彼女たちがいなかったら、物事を知らない僕がただ勉強しに行くっていう番組になって、ばかみたいに見えちゃうでしょ? 案内人がいた方が、視聴者も安心するからね。彼女たちに甘えていると思います(笑)。

──ただ歴史を解説するのではなく、経済の視点で考えるというのが面白いですが、このコンセプトについてはどう思いますか?

ただの歴史番組だと、既視感があるからね。武将が藩を動かすのも、大人数の農民を集めて挙兵するのも、経済的な基盤があるからできること。人々をどうやって食べさせていたのかとか、あるいは、武器を買うのにどのくらいの財力があったのかとか。

そういうことを調べていくと、その土地の名産品が出てくるし、あるいは緊縮財政なりの政治判断にぶつかる。単に「強かったから天下を取った」っていう、単純なものではないからね。

城づくり1つ見ても、石垣を運ぶ人たちがいて、積む人たちがいて、そこに常駐する兵士がいて。「じゃあ、誰がそのお金を出しているんだ?」って考えた時に、リアルな歴史が見えてくると思うんです。

それに、お金の感覚って、今とあまり変わらないからね。「それは資金がないとできないでしょ!」とか、「これだけもらえたら動くなあ」っていうのは、現代の僕たちが共感できるポイントです。

──これまで日本各地を回られて、特に印象的だった発見は何ですか?

「井伊直弼(なおすけ)」の回で、彼が桜田門外の変で殺された時に座っていた座布団を見たんです。お寺に保管されていたんですけど、じーんと来て、思わずその座布団をなでちゃいましたね。

あとは、土方歳三の文書ね。毛筆って、絵文字が付いているようなものですから。太さとか墨の量で、文章のニュアンスを伝えていたんですよね。そういうのを見て、刺激を受けています。

──これまでのロケで経験したことは、ご自身のさまざまな活動に生かせそうですか?

僕らの仕事はどこでどう生きるか分からないですからね。僕らがやっていることって、ノウハウ本とは違いますから。「こうやったらこれができるよ」ではなくて、いつか生きるっていうのが大事なんじゃないかな。

──ご自身がアーティスト活動をされる時に、ビジネス的な視点も大切にされているのでしょうか?

僕はビジネスにならないようなことを考える仕事の方が多いんだけど(笑)、ビジネスのことを分かっているからできることもありますよね。

「売り買いできないものって何だろう?」とか、「今は注目されていなくて、売れていないものって何だろう?」ということをまず考えるのね。それにアイデアを加えて売れるようにしてもいいと思う。

だから、ビジネスは知っているに越したことはないんですよね。過去の例から「昔の人はこう考えていたのか」っていうのが分かったら、「じゃあ僕だったらどうなるのかな?」って考えるし。発想の源になりますからね。

──今回の収録(「相撲」の回)でも両国国技館のお土産について意見される場面がありましたが、これも新たなアイデアが湧いてきたということでしょうか?

今のお土産は、一辺倒なんだよね(笑)。お土産界ってすごく進化しているから。一時はかわいいものばかりになったお土産も、アジアの工場で作られるものに変わったりね。

何でも新しいものを導入すればいいってわけじゃないけど、もう少し考えた方がいいんじゃないかなって。

──「おしゃれなタイアップ」というキーワードも出てきましたね。

江戸時代には特に、しゃれたものが多かったと思いますよ。

──では、この番組がタイアップ企画をやるとしたら、どんなものがいいでしょうか?

「真田幸村」がテーマの時に、おばあさんたちがいい織り物を作っているのを見たのね。それで名刺をもらって、自分の好みの布を一反作って、それを着物に仕立てたの。

例えば、あえて言わなくてもそれを番組の中でさりげなく着ているっていうのが、タイアップになるんじゃないかな。スタッフみんなで作った同じ浴衣を着て、ロケをするとかね。

企業とのタイアップではなくて、地方各地の文化とか職人たちの要素を取り入れたら、この番組ならではのおしゃれなタイアップになるんじゃないかな。遊びがあると見ている人も信頼するし、わくわくするでしょ?

──相撲には、もともと興味があったのですか?

何回か見に行ったことはありますし、民俗学として相撲の起源に興味もありましたね。江戸時代の力士は、相当なお金持ちだったんですよ。殿様級の財力を持っている大スター。

だから「どうしてそうなったのか」とか、「力士の周辺にどういう経済活動があったのか」を知るのは面白いですよ。

──最後にあらためて、今回の見どころをお聞かせください。

相撲の面白さは、19年ぶりの日本出身横綱が誕生したとか、そういうぼんやりしたことだけじゃないってことを伝えたいですね。相撲というエンターテインメントがどうもうけてきたのか。そこを明かすのが今回の見どころですね。