投球や打球が宙を飛び、臨場感たっぷりに楽しめる

写真拡大

エポック社は、ボールが空中を飛ぶ"リアル3D野球盤"最新作「野球盤 3Dエース スタンダード」を2017年2月18日に発売した。

"消える魔球"も...多彩な変化球

「3Dピッチング」機能を搭載した。投球装置の切り替えで、飛ぶ/転がるストレート、チェンジアップ、スライダーに加え、バッターの手前で落ちる"消える魔球"など、2D/3Dピッチング合わせて9種類の投球が可能。新開発のスコアボードはイニング・合計点数表示が可能で、内部にボールを収納できる。

打撃パターンを予測しフィールダー(野手)の位置を変えられる「守備シフト変更」、スムーズでテンポの良いピッチングを実現「連続投球」機能、ストライク/ボールを判定「投球判定」、ボールカウントを表示「BSOカウント」、打球を外へ逃がさない大型の「外周フェンス」などを備える。

左/右打者2タイプのバッター人形、ランナー人形×3、フィールダー人形×7、ピッチャー人形×1、ボール×6個などが付属する。

価格は4980円(税別)。